MRFマフラーの比較

0
    リビルトマフラーを作りました。

    MRF リビルトマフラー ノーマルインナー

    MRFマフラー68sのリビルトを以前2本作って買ってもらえました。
    この時は、黒キャノに付け替えてテスト走行して、合格点を付けてから販売しました。

    今回も68sにしょうとと思ったのですが、工程も多いので価格を安くなる方法がひらめいたので、実行しました。

    68sの中身は、テーパーコーンと三層構造の消音設備を施します。

    今回のリビルトマフラーは

    ノーマルタイプの構造と同じですが、
    連通パイプの太さを1サイズ太くしました。
    また若干容積を増やして、マロッシにマッチングの良い方向で模索いました。

    インナーはこんな具合です。
    連通管の入り口は煤が体積しにくいようにトンガラセテいます。
    インナーの1次室はサラッ品を使っています。

    MRF リビルトマフラー ノーマルインナー

    向こうのが1次室からのパイプ
    手前が3次室に行くパイプ
    真ん中が最終の排気パイプが繋がります。

    MRF リビルトマフラー ノーマルインナー

    中古の状態の良いものを選んで再生しますが、
    カーボンの堆積物が多いです。
    当然ですね・・詰まってしまったマフラーだから交換したわけです。

    切断後、バーナーとコンプレッサーエアで清掃してますから、製品の信頼性は新品並みです。

    MRF リビルトマフラー ノーマルインナー


    溶接が終わったら、テストです。

    MRF リビルトマフラー ノーマルインナー

    テスト走行して合格点を付けました。

    後は仕上げ工程です。


    リビルトマフラーも合格で、チープマフラーも合格です。
    ならこの白キャノに”黒キャノのMRF試作マフラー68ss”に付け替えたらどうなのか?と結果次第で怖いテストですがやってみました。

    黒キャノのMRF試作マフラー68ss


    いろいろと罵られるHORIKAWAの自家製パーツですが・・
     全然・・わたし的には音量も音質も気に入っていますし
       性能も罵られるレベルではないと思います。

    チャンバーで90キロは認めます。
    でも音が大嫌いです。

    10,000回転以上回るのもカッコ良いです。

    でもセッティングに迷って焼き付いたり・・
     必死のパッチで100キロ出るぜ!を鵜呑みにして70キロが性イッパイだったとすれば美味しいとこ全くありません。

    モトリペアは誰でも、70キロが出せてしまう・・

    ”チョイスの公開”

     と
    ”部品の販売” 
     を
    提案していますo(^▽^)o


    ビデオも撮っています。




    近日ヤフオクに出品しますので是非ご検討下さい(^-^v

    MRF リビルトマフラー ノーマルインナー

    コメント
    コメントする








       

    ショップを見る

    search this site.

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM