はじめてのマロッシ68の交換 (ダイマロ編)

0
    ノーマルからの、マロッシ68の交換のチョイス(ダイマロ編)
    素マロや面取りマロよりも、高性能を求めたい場合
    ダイマロを選びます。

    素マロと面取りマロよりも、性能を引き出し易いのが特徴のダイマロです。

    基本的に”はじめてのマロッシ68の交換 (素マロ編)”と同じですが、一部違います。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ヘッドガスケットは、ノーマルヘッドの時SUS1.0ミリを選択します。

    ヘッドガスケットは、マロッシヘッドの時SUS0.5ミリを選択します。


    最低の部品がダイマロキットとSUSガスケット、この2点だけです。

    組立には圧縮漏れを起こさないように、液体ガスケットが必要です。

    マロッシの基本組み付けを参考にしてください。

    (ダイマロキットには、#800のペーパーが付属しますので、組立前に軽くポート周辺とスカート部を慣らして下さい)

    上記二点の部品以外に、安い部品ですから、ピストンピンのベアリング(スモールエンドベアリング)を交換しておくとその部分は安心です。

    絶対焼き付かせたくないと心配症の貴方なら、SUSガスケットに面取りマロ付属のアルミガスケット0.5を重ねて組み立て下さい。
    (焼き付きの心配は激少しますが、走りは頼りない方向です。)

    メインジェットは#72〜#85見当です。
     
    ”混合気が薄いと燃焼温度が高くなり、焼き付き安い方向です”
    ”混合気が濃いと燃焼温度が低く、カブル方向です”

    大きいジェットから確かめて、安心でよく走る番号を見極めて下さい。

    50ccのノーマルの時よりも、吸入量が多くなり、クランク圧力も燃焼圧力も高まりますから、潤滑系統には気を配りましょう。

    オイルは上質のカストロTTSレーシングが良いでしょう。

    クランク圧力が高くなって起こりやすい、オイルポンプへクランクに吸い込んだガスがポンプへの流入!

    新品のオイルポンプの交換が一番安心出来ます。

    オイルの抜き替え方法を参考にしてください。


    ”安心な組立が出来て、走行しました。”

    トルク感は感じるのですが、スピードが出ない場合は駆動系に着目する必要があります。

    トルク感も無い場合は、マフラーの状態が悪そうです。


    ダイマロは性能重視で選びましたから、キャブレターはビッグキャブを選択してください。

    また、モアパワーを求めるなら24パイキャブが良いでしょう。

    マフラーも新品で、安価なMRFチープマフラーでも十分に性能の向上が体感出来ます。


    モトリペア キャノピー ダイマロ 通勤快適仕様 一般道走行 動画


    キャブとマフラーの違いで性能が全く変わります。

    モトリペア ダイマロ MRF68S PE24 加速



    他の動画もあるので、 ”peko 動画 youtube”  で確認してみてください。

    こちらも参考に・・・
    マロッシプーリ マロッシ68 ダイマロ チョイスの参考

    ダイマロ+MRF68S モトリペアのキャノピー 加速 動画

    コメント
    コメントする








       

    ショップを見る

    search this site.

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM