ひさしぶりのUPの整備 12

0
    戻って来ました (; ̄ー ̄
    2014.11.25 に引渡したアップの話です。

    話を聞くと高架の下りでストール・・
    その後エンジンは始動したものの調子が悪い!

    見て下さいな”って事になったんです・・

    入庫して直に始動チェック・・
    エンジンはキックで掛かり
    無負荷テストでは意外と元気良く廻ります・・
    軽い抱きつき?
    駆動系の変化かな?
    セルは廻らないのはモーターかな?
    ついでになんだけどフロントフォークがボトム状態なので中古と変えません?

    まずはフォークの交換から・・
    テスト走行する気になりましたよ・・
    分解したついでにドラムの硬化皮膜の除去と、ライニングの酸化皮膜の除去。
    たしかメーターの動きが不安定だったので、チェック・・
    ナイロンギアを廻すと違和感を感じました。
    スパイラルギア軸受けにチタングリスを注入・・滑らかぁ〜・・
    メーターワイヤーもグリスアップ・・。

    おっ!・・・メーターがぁ〜〜〜普通じゃん \(^o^)/

    そいで走りの点検・・
    最高速までスピードアタック!
    お!普通じゃん( ̄。 ̄;)

    何回か回ってみましたが問題ない様子。子

    ビデオ編集してみました・・
    あぁ〜切り取って繋げて文字入れしただけだからね・・
    変な工作は素人ですから出来ません。ん



    エンジンの音も普通ですし・・

    エンジンも駆動系も態々分解する必要は無いと判断しました・・。

    指示を仰ぐことにしてみましょう。う



    こうして写真でみると結構汚いな!
    これは交換してもいいかな?!?







     

    コメント
    コメントする








       

    ショップを見る

    search this site.

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM