キャノトラ160 (シンユウボーグ)

0

    シンユウボーグ  見えた!

     

    組みあがって・・

    今日は再始動・・

    掛かりも良い・・

     1週走行・・

     

    ・・良好・・良好・・

      余裕綽々・・・

     

    ところが紫明通りの信号待ちのアイドリングで

     ”おや?エンジンノイズ大きくなったか?”

      もうすこし・・様子見・・

     走りは大丈夫・・

        堀川通りに入ったとたん・パシュン・・ボボボ・・ボハ♪

    点火が正常じゃない状態の様な?・・

     

    また胃が痛い。

     

     

    プラグを交換すると始動したが

     高負荷をかけると・・パシュン♪

    元のプラグもそこそこ焼け色

     

    なんだかんだと作業を続けてると、

     特に原因が分からないまま・・正常に戻った。

     

     

    今度はエンジンノイズ。

    それは前回にもやった

    カムテンショナーを疑ってみると

     スプリングを強くしたのに意味がなかったようで

      カムチェンが弛んでしまう現象だった・・

     

    もう一度カムテンショナーを分解した。

     

    ケース内の奥に段付きがあって・・

    ”これもしかして板バネ?”

     

    ピッグで突っつくと、先が見えた。

     

    引っ張りだしてみた・・

    こんなんどうやって組み立てるかいな(; ̄ー ̄

     

    シンユウボーグ

     

    ホンダ製を眺めつつ

     組み立て方・・試行錯誤・・・(; ̄ー ̄

     

    シンユウボーグ

     

    本来の中華製の”オートアジャスティングテンショナー”に戻った \(^o^)/

     

    シンユウボーグ

     

    カムチェンは弛まなくなった・・

     

    調子いい〜と思ってたらまた‥ミスファイアー(; ̄ー ̄

    IGコイルを疑って

     別のコイルに交換・・正常に戻った

      ・・が・・もう一度・・元に戻した

    ”どうもないやん(; ̄ー ̄

     

    ピチピチ♪がかすかに聞こえた・・

     もしかして端子の接触不良?

    ダメもとで端子を交換

     

    完成しました \(^o^)/

     

     

    白煙もなくなった。

    始動具合も良くなった

    ワンウエーの異音もない

    プラグも油っぽくなくなった

    ブローバイのキャッチボトルに溜まる水

     ↾(燃焼状態良くなった証拠)

     

     

    にわかレストアショップには出来きれない今回の修理でした (⌒-⌒v

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    ショップを見る

    search this site.

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM