故障の推測と結果

0

    ジャイロマロッシ

     

    ”動かなくなった” ・・

    ・・の、連絡を受けて・・

     推測したのが、リングの痩せ。

     

    「マロッシのリングは、鋳鉄製なので減りが、どちらかと言えば早いので

     厚みが薄くなって、何らかの要因で折れたのかも?しれません」

     

    そうした、推測の話を思い出したので、実際どうなのか?を

     リングの破片を測定しました。

      比較は新品のリングとです。

     

    ジャイロマロッシ

     

     

    ジャイロマロッシ

     

    ジャイロマロッシ

     

           新品            破片

    厚み    1.48〜1.49        1.46〜1.47

    高さ    1.84           1.78

     

    厚みも若干ですが、減った様子・・

     厚みが減ると ”リング鳴り” の音が出やすくなります。

     

    高さは、さすがにシリンダーといつも擦れますので

     6/100ミリ減っています。

      それは、円周との関係になるので

        合口隙間は使用限度を超えてたかな?

     

     

    合口隙間は・・3/100

      限度は・・6/100

    初期馴染みで結構減ります

     たまには、交換することで走りが復活するはず。

     

    エンジン分解したら・・

     ピストン揺らしましょう・・

     揺れなく正常でも・・

      ピストンピンを抜いてみましょう。

     

    叩かないと、ピン抜けない!

     圧縮と点火時期偏向をしたうえで

       ピストンピン交換しましょう。

     

      


    コメント
    コメントする








       

    ショップを見る

    search this site.

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM