近代化はいいけれど

0

    ・・。

    人間の感性全くなし。

     

    自動車どれ見ても同じ格好

    コストダウンはデザインに反映されるんですよね。

     

    殆どのデザインがロボットの直線

     目は必ず吊り上がってたり・・

      

    ホンダは50佞離丱ぅ生産辞めた・・

     

    c125とモンキー125が発売されるらしい

     

     

    噂では40万円!

     

    最近のデザイナーさん若いんだろうね。

     でも若もんがデザインしても若者に受け入れてもらえない

       ”超欲しい”とおもわないのよね

     

    生産はchinaきっと・・

     

    中国製の125のエンジン4万円ぐらいから・・

    だったら本物の1968年のc100にそれ積んでカスタム改造するよ。

     

    ガラスレンズのヘッドライト・・

     必ず照射焦点絶対良かったし

      それにHID組めば最強。

     

    ウインカーのデザインもなんであんなに安っぽいの!

     なんなんそのテールランプ

      ウインカーは昔風だけどなんで白レンズ

     フロントフォークもリムもいけてね〜

      火傷防止のマフラーガードもっさ。

     

     

     

     

    復刻バージョン造れば良いのに

     企業さんは 逆行出来ない”体質で

      如何にコストダウンするかが信念らしい!

     

     

     

     

    レストレーション モトリペアの思い出の一台・・

     

     

    その時代のカブのエンジンはオイル無くなっても走り続けたから

     強いとゆう評判だったの

      今のは違います。

    オイルは入ってて当然

      オイル交換も当然。

     

     

    自動運転の2輪たぶん面白いよ。それに安全。

     買っても明日売ってるよ (⌒-⌒)

     


    コメント
    コメントする








       

    ショップを見る

    search this site.

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM