異常気象

0

    ・・。

    西日本豪雨災害・・今も捜索や復旧が続き

     そうでなくても、大変なのに、覆いかぶさった災難です。

      

    この時代に河川の氾濫、っていったい( ̄。 ̄;)

     

    今回も気象庁が言っていました。

     ”50年に一度の大豪雨” ですと。

    それは、50年前にも経験した”証”なんですよね。

    1970年に大阪国際万国博覧会があった時代の前になるんですよ。

     

    なのに50年何してたんでしょうね?

    国の機関だからこそ、政府と省庁が連携して

     国民の命財産を守れないと、値打ないですよね。

     

    天気予報は、気象衛星買ってもらったおかげで、可なり的中しています。

    ですが、今回の台風12号の注意喚起はこうでした・・

     

    ”大雨が予想されますから、命を守る行動を心がけてください”・・気象庁とニュース屋

    ”西日本の水害の地域は特に大雨に注意して、各自命を守る行動に心がけ

      詳しくは気象庁のホームぺージから、情報を得る様にしてください”・・ニュース屋

     

    台風なのに、その放送局の特番では、大風の話は一切なかった。

     (今回の台風の風、可なり強烈でしたよね)

    気象庁のホームぺージにアクセスしたが、欲しい情報がどこにあるのか分からない。

     PDF形式で、開くのに時間がかかるヽ(`Д´#)ノ.

     

    そこでヤフー天気に入ると

     欲しい情報が、一目でわかった・・が・・

      究極どこに逃げるのかまでは、見えなかった!

     

     

    80年前は、ここの近くでも床下浸水があったと聞いている。

    その時代からとは大違いになったが、数年前御所の南の

     丸太町の烏丸あたりが、洪水になったことがあるのよ・・。

     

    何が言いたいか。っていうと・・

     

    国民が自然災害にあい、命や財産を失ってしまってから

     国が支援するぐらいなら

      そうなる前に、国土強靭化するべきでしょ。

     

    リニア列車も、経済効果の期待からは良いでしょう

     しかし500キロで走ってる最中に地面が揺れたら (((。・´ω`・。)))

     

    折角リニアで儲かっても

      自然災害支援に出費するなら意味がないでしょ。

     

    被災者も、支援は助かるはずですが

     それよりも、大雨が降っても、雨が止んだ翌日からも

      それまで通りの生活が出来る事を望みますよね。

     

     

    特定の議員が、利権で肥えるんじゃなく

     国民を守る基礎の国土の強靭を議論して欲しいことです。

     

    日本中が良いサイクルになる様に、考え実行できる人が

      本当の賢人であり、議員や有識者や大企業が増えるべきだと思います。

     

    国民は要求ばっかりではなく・・

      本来の自立を目指すべきだとも、思います。

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    ショップを見る

    search this site.

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM