4stキャノチューン

0

    ひらめいた

     

    1回転に一回爆発する2サイクルに試したことがある・・

     

    フライホイールのウエイトアップ

    それは一利もなかった。

     

    逆にアルミフェイスで、軽量化と

     アルミに対するベルトのグリップ”力”アップ”も期待したが

      感じ的に、”鉄フェイスのほうがいいんじゃね”

    その比較は”ゼロ”製のアルミフェイスだったし、販売もしてたが

      会社がなくなってしまったのよ。

       ゼロのプーリーもよかったんだけどね。残念。

     

     

    その後に手に入れた、NCYのアルミフェイスだが

      それは5キロも最高速ダウンしたから販売しなかった。

    裏書きの、コウシャクは魅力的だったんだけどね=*^-^*=

     

     

    なんでも軽量が良いのかというと、それは絶対じゃない。

     

     

    そもそもフラーホイールとは・・

     はずみ車。エネルギーを貯める車

     大昔のブリキの自動車のおもちゃに必ず、付いていた機構だ。

     

    4stは、4ストロークサイクル という意味だ

     4の往復運動で、完結するサイクル。

    簡単に言うと、クランク2回転で1回しか爆発させないエンジンであり

     1回転は惰性で回ってるのだ。

     

    今回はそこに着目

     

    ”現代のコペルニクス” の実験をしてみるよ。

     

    その増量の量はただの感

     メーカーの設計者なら、計算して答えを出して

      現在の4stキャノピーを造ったはずだ、だからこそ

       私がチャレンジしても良くなるはずがないとは思うし

     コペルニクスのような頭脳も持ち合わせるはずもないが

      

    ともかく

     不愉快なジャイロキャノピーを100キロ超える車両も作った私

     

    自費研究は辛いが、そこがHORIKAWA精神なんだ=*^-^*=

     

     

    理論的に、4stだから合ってると思うのよ。

    クランクも軽いし、マグネットローターも2stよりも少し大きいぐらい

    でもフェイスはアルミなんだ。

     

    回転の上りが鈍くなるのは当然だけど、確かめて納得できればそれでいいじゃない。

     

    そうそう・・

     水漏れ修理は今のところ成功

      またなったときの手段ももう考えてある。

           往復4時間と部品造りぐらいだから、気楽です。

     

    ビギナー メカニック チャレンジャー でしょヽ(*^^*)ノ

      


    コメント
    コメントする








       

    ショップを見る

    search this site.

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM