規制緩和

0

    ・・。

     

    日本製のバイクには排気ガス規制が厳しく

     ホンダは50媽源困笋瓩拭淵献礇ぅ蹐呂戮弔茵

    ところが輸入バイクにはそれは適応されてない

      矛盾おおすぎ。

     

    ヤマハの場合ならトリシティ 

     50佞世らの3輪規定を

      125佞砲眦応・・政治力なんでしょうね。

     

    あんなに流行したミニバイクだけど今は自転車に様変わり

     自転車の人身事故も増加中らしいが

      強制保険の国の義務化策はなし。

     

    自治体ごとで義務化されてるが、ほとんど知らないでしょ。

     

      当たられ損

      自転車でも”軽車両”内に入る乗り物

       こんな時代だから必要 

        自転車免許

        ナンバー登録

        自賠責保険

     

    ほとんどの自転車が中国製でしょ・・

     どこまで安全なのでしょ?

    自転車整備士免許もあるらしいが

     バイク修理屋レベル以下で、所持者はほとんど居ないでしょう・・。

     

    私の時代は”自動車整備士免許” だったのが

     その後緩和され ”二輪整備士免許” が加わった。

     

     

    現在の自動車は高度に発達した機械なので

     並みの、人間には整備不可能

      整備見習い工は

       単純な交換作業しかしてないと思うし

        また会社側も、壊されるリスク重視でさせないでしょう・・。

     

    整備工を目指した人のほとんどが

      自分の乗り物を整備したい   

      自分の乗り物を改造したい 

     

    先ずはモンキー系エンジンの改造からはじまって

     必ず速くなったので、レースも盛んになったのよね。

     

    バイク本体が売れて

     チューンナップメーカーも沢山あり

      バイク用品屋さんも潤った

     少年達はバイクを媒体として多くを学んだ

     

    その連鎖が、社会経済活動にも寄与してたんですよ。

     

     

    私がジャイロに嵌った当初、BBSにその目的を書いたことがある。

     便利な乗り物である

     安定感があり、ストップ性能も良い

     改造の楽しみがある

     

    もう一つは

     ”二輪業界の活性化に一役かうはずだ”

      ↑多分当時見た人は大笑いしたはずです。(君だよ君)

     

    ヤフオクでのトップアイテムになったジャイロ

     今じゃアジア輸入商の絶好のアイテム

     ↑それぞれどんなけの利益を上げた事だろう?

       きっと驚きの数字だろうけどね。

     

     

    新車規制が進んだから

     力のないバイクになった

     走りが悪くなった

     改造が難しくなった

     改造パーツ販売がなくなった

     

    勿論アジア製バイクには規制もなく

     改造パーツも多く販売され安いが

      結局のところ・・”中国製”かぁ〜になるのよね。

     

    その点ジャイロは

     イタリアの老舗のマロッシのアイテムでパワーアップ

     日本の老舗のキタコのアイテムで確実な変速

    そこプラス

     ジャイロ改造の老舗 モトリペアの改良テクニックが拡散されたこと

     

     

    4stジャイロに魅力がなくなった原因は

     他車種と互換性のないパーツ構成のパワーユニットだったことです。

     

    先ずは

     水冷にしたこと

     2サイクルスクーターと共通部品が一切ないこと

     現行の4サイクルエンジンとの互換性も一切ないこと

     

    メーカーは各部署で売り上げノルマが課されてるのだ。

     少なくとも、ホンダ二輪部の売り上げダントツは きっとジャイロのパーツ”

     モトリペアってホンダに貢献できるはずなのに!

    なんで改造させることを嫌ったのかなぁ〜

     たかが 宅配用の3輪だぜ

      

    良い大人が3輪暴走族グループ何んて結成しないし

     社会問題にまで発展しないのにね。

     

    昭和40年のカブみたいなスタイルの ”カブ110”だって!

     どこに魅力感じますの・・

     

     

    南方アジアではカブの改造が日本人のレベルを超えたのよ(;´Д`)

    日本人との感性の違いが歴然・・(;´Д`)

     

     

    改造価格も日本円に換算すると、最低でも50万円以上らしい(*_*;

     

    それは新興国とか発展国とかじゃない・・

     アメリカでもロシアでも

      ハンドメード ビルダーが沢山いるよね

    有名なのは

     アーレンネス・・ボーリングのプロだった過去

     Occチョッパー・・親子でしがない改造ショップしがない経営

         (親父はドリンカーだったそうだが、今は健常者)

     

     

    いわば・・

     安倍総理の言う

      ”失敗恐れない個性の時代”を目指します・・。

        (本当に言ったかが疑問だが,近いことは聞いたぞ)

     

     

    今現在バイクや自動車の技術開発を担ってる人物は

     必ず”機械いじり”から始まったことでだと想像するんです。

     

    今後バイクに対する規制緩和がなされない限り

     日本のバイク業界から日本は消える事でしょう。

     

     

    いくらパソコンで3Ⅾの絵が描け

     設計まで出来ても

     

     それをリアル3次元にできるのは、必ず職人なんです。

      

     

    職人を優遇しろ”なんて言っていません

     人には長けた能力があり

      全ての個性的能力で

       未来の日本を構築したら 

        最強の日本人が増え、最強の日本国になるはず

      そう考えた ブログの記事です=*^-^*=


    コメント
    コメントする








       

    ショップを見る

    search this site.

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM