180キャノピーエンジン分解

0

    モトリペア

     

    北海道スリーリングでリタイア後

     修理して渡した。

     

    その後また入庫

     今度は ベルトが切れた。

     

    ファンが擦れて異音もまた発生。

     

    お客さんが全ての部品調達をしてくださってるので大変助かってる。

     

     

    パーツが揃ったので、交換作業に入ろうとして

     クランク軸に触れた時”あら?”

     

    バーンナウト後、クランクベアリングを交換してるのに

     クランクが揺れた。

     

    オーナーさんに説明して

     パーツを調達してもらい

     

    今日分解作業に着手・・

     

    外したベアリングのガタは許容範囲

     クランク軸との関係を探ると

      軸の摩耗が見つかった

     

    嵌ってたベアリングの内寸と 

     新のベアリングの内寸を比較すると

      2/100嵌ってたのが大きかった。

     

    軸の関係を確認すると

     旧は・・スッポリ

     新は・・ギュ

     

    クランク交換は必要なしとして

     ベアリング交換作業・・

     

    ところが・・

     最初硬く後緩い

      ”あかんやん(;´Д`)

     

    イタリアもんの純正は必ず高価(;´Д`)

    そこで想像で手段をかんがえたら・・

     ”いけるかも。”

     

    ですが、勝手にすると問題になるのがこの仕事。

     

    やはりクライアントさんに、ありのまんまを伝えた。

    クランク価格は5万円超えらしく

     私の提案の線で実行になった・・。

     

    モトリペア

    ↑そのパッキンから若干冷却水が漏れてる様子

     

     

     

    この段差が原因

     

    モトリペア

     

     

    自称整備のプロならスルーするところですが

    素人HORIKAWAは見逃せません。

    またい逃さないプロが居たとしても

     ”モトリペアのゴミは修理不可能です”

      ・・と・・言うに違いない。

     

    でも私はアンチが言う素人ですが

     40年以上の経験と

     20年のレストアの技の蓄積もあるので

      ”今できる事を最大に活かすつもりです”

     

    そうそう・・自慢ですが・・

     今回の分解で

      ”さすが俺の造った改造車だ”

    それはね

     メーカーの車両の様に

      ”パキとインパクト多様で分解できたことです”

     

    このディスク化も

     苦労した思い出。

     

    モトリペア


    コメント
    コメントする








       

    ショップを見る

    search this site.

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM