安心

0

    ・・。

     

    映画は無数にあり、

     選ぶのは”遭遇”です・・。

     

    俳優さんで選ぶと偏るんですね・・

     

    偶然つかんだ

     ポールウオーカー

    ”ハリケーンアワー”って映画

     

     ヴィンディーゼルとマッスルカーで逃げきるのか?( ̄∀ ̄;)

     

    今から観ます・・

     

     

    この映画も”電気が命”だった・・

     

    停電になっても

     予備電力があると聞かされ安堵したが・・

     

    保育機に入る我が子と

      父親の話のようだ・・

     

     

    末端の命は国は助けられない。

     国とは?‥国なんですよね。

    ”神様に近い存在なのかも?”

     

    被災してる国民を100%助けろと国が指示しても

     助ける手段の第一は電気

      あとは・・

       個人活動になるんでしょう。

     

    如何に手段を瞬時に考え実行できるかなんでしょう。

    それは、その危機に直面した本人の判断と行動。

     

    ”守ってくれなかった”と、ほざいても、それは責任転嫁です。

     (国が統制してるのだからその責任放棄はできません)

     

    震災の時

     犬・猫・マウス・・

     彼らはどうしたんでしょう?

     猫はほとんどつながれてません

      犬は鎖

       マウスはケージ

     

    猫の畜生説がありますが

     金人間よりも、うんと賢いです。

     

    究極で金は意味が無い

     それを知ってるのに

      何故金に執着する人間なんだろう?

     

    貧富の差を感じて

     ”俺は世界で有能な人間”  

      言い換えれば

       ”俺は世界一の欲張り人間だ”

     

     

    そこを議論しない限り

     人間社会は絶対良くならない。

     

    王様に仕える“ずるがしこい奴隷っていますよね

     映画は上手くとらえていますよ・・。

     

     

     

    救いは”ワンちゃん”

    人との橋渡しをするんだね・・

     動物が・・

     

    愛猫が火災から飼い主を守った”って話も沢山あるね。

     

    ・・がしかし・・

    究極から3回守ったんです。

     

     

    災いって一挙に押し寄せるんですね・・

     死ねれば・・楽

      命があれば・・手段 

       命を見れば・・助け合い

     

    最終的に

     ”人と人”

     

    奥さんの遺体の移動に力かした医師がいましたよね

      些細な協力なんですよね・・その行為。

     

    派手なアクションは全くない映画でしたが

     監督さんは

      ”ポールウオーカー”を起用したんですね。


    コメント
    コメントする








       

    ショップを見る

    search this site.

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM