マロッシ68の面取り

0

    角”落とすから面取り

    ポートに角があると、リングが引っかかるんです(;´Д`)

     

    燃焼温度は2000度ぐらい・・

     ピストン及びピストンリングはその温度にさらされます・・

     

    リングはその熱で膨張し

     下死点まで押し下げられ

      冷却も同時にされますが・・

     

    高熱・高回転の時・・

     リングは膨張してるので、ポートに引っかかりやすい。

     

    ですが・・

     山形ポート(ダイマロ)の場合

      脇からリングを締めるので、安全。(引っかかりにくい)

     

    フラットポートの場合は

     引っかかりやすい。

     

    そこで、私HORIKAWAは面取りの手法に工夫しました。

     結果、良好。

     

    もう3年!

     最近ピストンキットは交換したけど

      いたって快調・・

     ポートの再面取りも効果あったに違いない・・

     

    エンジンノイズも静かに気持ち良くなった。以外

     

    ポートの角は性能に全く関係なし。

    いくら突っ込まれてもも論破できると思ってる。

     

    まれてもプロだと自称するなら確かめてね(^_-)-☆

    頑張って突っ込んでくれたら

     私も頑張る@⌒ο⌒@

     

    その突っ込みからまた私の疑問以外を考えて、前に進めるからね(^_-)-☆

     

    既に私は4st50佞70キロ達成

     82佞4stも一応完成させ70キロ以上達成。

     

    4stジャイロ

     私がチューニングしないから

      まだまだよく出て60キロ

     重いキャストホール付けたら加速は悪くなる

     

    それ。ジャイロの常識だったでしょ・・

     そこ指摘したのは16年前のモトリペア。

     

    回転の慣性”って理科で習ったよね7

     

    殆どの人が

     節穴の目”・・

     

      そうゆう時代なんでしょ・・

     

     

     

    角”残す面取りってどうすんのセェ〜イエス(^^♪

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    ショップを見る

    search this site.

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM