高槻4st

0

     

    メンテナンスで依頼を受けました

    19250キロ走行車

     

    不完全な変速

     

     

     

    プーリーは再使用 WRとベルトは交換

     

     

    ドリブンはグリスアップして再使用

     

     

    埃っぽいのでエアクリ点検

     

     

     

    圧搾空気の清掃で十分

     

     

     

    エアクリボックスが油っぽい状態

    オイルが減ってると予測

     

     

    オイルゲージにオイルは付かない状態

    オイル交換の目安は

    1Ⅼ/1000km

     容量は600ccなので600キロ交換が理想

    多く走らせても 1000キロ毎が理想だと思うよ

     

     

    真っ黒けのオイル

    黒さは燃えカスの煤

    安いオイルほど金属が減り易く

    交換時期が長いほどシリンダーもピストンもピストンリングも減るので

    燃焼ガスがクランクに回り安くなり 背圧が高くなって ブローバイから

    エアクリにミストオイルがエアクリに溜まる結果となったのだろう

     

     

    プーリーの加工もして試走後の点検は 完璧の最大変速

    内側の赤マジック低速側のスタート位置

    外側の赤マジックは全て消えていた

     

     

    入庫時走行は最大45キロ 200m走行して戻った

     

    整備後は順調に45キロ超えたけど

     スピードリミッターがキッチリ作動

      良いリミッターカット装置が有ればいいのにな

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    ショップを見る

    search this site.

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM