タンデムキャノピー3

0

    スペック リムジンキャノピモトリペア


    ジャイロUPのMF

    0

      ジャイロUPモトリペア 動いた。


      阿呆ですね

      0

        2サイクルのボアアップ


        嫌い?好き?どっち?

        0

          考えはあるの?


          ロンホイ

          0

            Fダイマロモトリペア セティング メモ


            うまくはいかん

            0

              ダル!


              排気系

              0

                手順


                引き取りこれますか?

                0

                  電話から始まった・・


                  こまった (; ̄ー ̄

                  0

                    あ責任は果たす義務があります.

                     


                    も〜10年

                    0

                      リムジン・・


                      折れてなかった

                      0

                        はじめての整備依頼・・電話から


                        逆リムジン製作記 16

                        0
                          スペック

                          逆リムジン製作記 14

                          0
                            ジャイロリムジン

                            逆リムジン製作記 13

                            0
                              シートができた \(^o^)/

                              逆リムジン製作記 7

                              0
                                ジャイロリムジン
                                エンジン始動

                                嬉しいメール

                                0
                                  時々届きます (⌒-⌒v

                                  旧型X用のエキパイ

                                  0

                                    旧型x用のガリューズの第3段階

                                    0
                                      ジャイロマフラー
                                      完成!

                                      今日の活動

                                      0
                                        疲れた

                                        ガリューズ 

                                        0

                                          旧型x用のガリューズの第一段階

                                          ダブルスタンダード

                                          0
                                            ほにゃピット

                                            ジャイロ マフラー

                                            0
                                              ジャイロマフラー ガリューズ
                                              ガリューズ競泪侫蕁爾GTシリーズの特徴

                                              ホザクな

                                              0
                                                オールマイティーはありません。

                                                ジャイロ エキパイ

                                                0
                                                  24Φのエキゾーストパイプ

                                                  エキパイとマフラーの関係

                                                  0
                                                    エキパイの太さと長さ

                                                    精神

                                                    0
                                                      大和魂

                                                      ガリューズ

                                                      0
                                                        スパイラルの実証テスト

                                                        ジャイロマフラー 考察2

                                                        0
                                                          整備性

                                                          ジャイロマフラー 比較

                                                          0
                                                            ジャイロ マフラー
                                                            勿論ガリューズ競泪侫蕁

                                                            ジャイロマフラー 考察

                                                            0
                                                              マフラーの性能は最高速だけで語れない

                                                              新企画

                                                              0
                                                                楽しい

                                                                ほにゃらら

                                                                0
                                                                  あり・が・と

                                                                  ジャイロ MRF 24Φエキパイ

                                                                  0

                                                                    エキパイの比較

                                                                    0

                                                                      黒キャノ

                                                                      0
                                                                        ・・。

                                                                        キャノピー デッキ マロ68 ・・2

                                                                        0
                                                                          カスタム キャノピー レストア車

                                                                          キャノピー デッキ 完成・・2

                                                                          0
                                                                            覚え書き・・

                                                                            ひさしぶりのUPの整備 7

                                                                            0
                                                                              ・・;

                                                                              ジャイロUP ガリューズ?テーパー 取り付け作業

                                                                              0
                                                                                動画

                                                                                UPのエキパイでの改善?

                                                                                0
                                                                                  ジャイロUPって特殊ね( ̄。 ̄;)

                                                                                  ひさしぶりのUPの整備 6

                                                                                  0
                                                                                    動画


                                                                                    ひさしぶりのUPの整備 5

                                                                                    0
                                                                                      寒いから走るの猛威やぁ〜

                                                                                      ひさしぶりのUPの整備 4

                                                                                      0
                                                                                        (; ̄ー ̄

                                                                                        ひさしぶりのUPの整備  3

                                                                                        0
                                                                                          走らせた・・

                                                                                          ひさしぶりのUPの整備  2

                                                                                          0
                                                                                            UPのエキパイ・・完成

                                                                                            ひさしぶりのUPの整備

                                                                                            0
                                                                                              経緯から・・


                                                                                              50cc駆動系からの整備  10

                                                                                              0
                                                                                                ”50cc駆動系からの整備 9”の続き・・

                                                                                                テーパーコーンタイプのガリューズ?Taper 25

                                                                                                0
                                                                                                  モニターさんからの・・レビュー2

                                                                                                  50cc駆動系からの整備  9

                                                                                                  0
                                                                                                    続き・・

                                                                                                    50cc駆動系からの整備  8 

                                                                                                    0
                                                                                                      良い関係を続けたい・・

                                                                                                      テーパーコーンタイプのガリューズ?Taper 24

                                                                                                      0
                                                                                                        モニターさんからの・・レビュー1

                                                                                                        テーパーコーンタイプのガリューズ?Taper 19

                                                                                                        0
                                                                                                          50ccでテスト・・

                                                                                                          テーパーコーンタイプのガリューズ?Taper 17

                                                                                                          0
                                                                                                            ヤフオク出品と・・(まとめ)
                                                                                                              ノーマルタイプの試作。


                                                                                                            テーパーコーンタイプのガリューズ?Taper 16

                                                                                                            0
                                                                                                              やっと4本完成です・・


                                                                                                              テーパーコーンタイプのガリューズ?Taper 15

                                                                                                              0
                                                                                                                仕上げて交換した・・

                                                                                                                テーパーコーンタイプのガリューズ?Taper 14

                                                                                                                0
                                                                                                                  ・・。


                                                                                                                  テーパーコーンタイプのガリューズ?Taper 13

                                                                                                                  0
                                                                                                                    ・・。

                                                                                                                    50cc駆動系の整備 5

                                                                                                                    0
                                                                                                                      ダイマロ走行動画 撮ったよ・・

                                                                                                                      ユニットの整備依頼 9 (画像)(動画)

                                                                                                                      0
                                                                                                                        マフラー完成・・



                                                                                                                        ユニットの整備依頼 番外偏

                                                                                                                        0
                                                                                                                          明日から休みします。

                                                                                                                          ユニットの整備依頼 8

                                                                                                                          0
                                                                                                                            点検と組み立て

                                                                                                                            ホンダ カブ C100

                                                                                                                            0
                                                                                                                              モトリペア制作の、C100が戻ってきた。

                                                                                                                              ユニットの整備依頼 4 (動画)

                                                                                                                              0
                                                                                                                                走る事に、ビデオ撮りました・・。

                                                                                                                                白キャノピー

                                                                                                                                0
                                                                                                                                  だれか・・買ってくださいぃ〜(^O^)v

                                                                                                                                  モトリペア 白キャノピー レストア

                                                                                                                                  溶接機が直った。

                                                                                                                                  0
                                                                                                                                    絶好調ダゼ!

                                                                                                                                    テスト レポート

                                                                                                                                    0
                                                                                                                                      テストは条件が揃ってないといけません・・。

                                                                                                                                      エアーサル50 エアーサル65

                                                                                                                                      0
                                                                                                                                        2週間ほど引き取りにき来れないはずだったキャノピーのユーザーさんから昨日の夜連絡がありました・・


                                                                                                                                        エアーサル アルミ 50cc

                                                                                                                                        0
                                                                                                                                          今日も・・エアーサル アルミ 50cc・・です。

                                                                                                                                          興味が沸かないって・・
                                                                                                                                            そういわずに・・(^∀^)

                                                                                                                                          ジャイロ キャノピー マフラー

                                                                                                                                          0
                                                                                                                                            キャノピーのマフラーの不思議?。?



                                                                                                                                            試作

                                                                                                                                            0
                                                                                                                                              新しい物を作るのは面白いヽ(*´∀`)

                                                                                                                                              MRF エキゾーストパイプ 24パイ

                                                                                                                                              0
                                                                                                                                                "MRF 24Φエキゾーストパイプ"

                                                                                                                                                台風のとき、工場の鉄扉を締め切って、暑い思いをして作業してたことを思い出しましたが、ようやく今回の目標個数が仕上がりました。

                                                                                                                                                MRF エキゾーストパイプ 24パイ

                                                                                                                                                出来上がったら、送ってください。”必ず受取りますから”と言ってくださった注文分とまとめて注文を貰った業者さんの分と・・。

                                                                                                                                                溶接の光で特に左腕が、焼けました。
                                                                                                                                                顔は遮光面で覆いますが、胸あたりは紫外線を浴びます。
                                                                                                                                                その光で、黒のTシャツの黒色が飛んでしまうんです。
                                                                                                                                                肌も若干焼け気味・・。

                                                                                                                                                あすも別の溶接作業が残っています。

                                                                                                                                                寒さよりも耐えられるので、頑張りましょう(-^〇^-)

                                                                                                                                                小さなエアコンは事務所だけにありますが、冷気にあたって気持ち良さげなのはパソコン君だけでしょう!
                                                                                                                                                全ての扉は全開ですから、なぁ〜んとなく”ヒヤッコイ”ぐらいです。

                                                                                                                                                暑い場所!4階のFRP室です。
                                                                                                                                                熱気モンモン・・。

                                                                                                                                                オーバーフェンダーとマロヘッドカバー。
                                                                                                                                                と新規販売用のサイクルフェンダーを一工程ずつ・・。

                                                                                                                                                暑さと溶剤の臭いで1時間ぐらいが限界です。
                                                                                                                                                おまけに”ネチョネチョ”がたまりましぇ〜ん!

                                                                                                                                                もう一つ暑いのがいや!

                                                                                                                                                原付のジャイロの整備後の試運転!

                                                                                                                                                いつもの様に出ていきますが ”あっ!かぶってねぇ〜よ”
                                                                                                                                                押して戻るのが ”あついい〜。〜”
                                                                                                                                                戻ってメットかぶったら ”あたまあついい〜。〜”

                                                                                                                                                エキパイの話で始まって、暑い話ばっかりでした!


                                                                                                                                                ところで、まとめて24エキパイの注文下さった業者さん
                                                                                                                                                ”シンコーメタルさん”でした(^0^♪

                                                                                                                                                なんで?とも思ったんですが良い関係で行ければと思っています(-^〇^-)

                                                                                                                                                いっぱいいっぱいの個数で作りましたので、モトリペアにはまた余分がありません。

                                                                                                                                                もしも、興味の有る方は
                                                                                                                                                ”シンコーさん”に問い合わせてみてください(^0^ゞ




                                                                                                                                                台風

                                                                                                                                                0
                                                                                                                                                  ”台風マーゴン”
                                                                                                                                                  もう一個マが増えるとママゴンだっ(-^〇^-)

                                                                                                                                                  が、そいつは四国に接近しないようですが、今日の西陣は風がきつかったです。(めちゃめちゃなブンポ!)

                                                                                                                                                  暑い工場ですし、事務所も同じく暑いあついです・・が、台風の風で事務所は風が流れて良い具合でした・・が、24パイのエキパイを作っていたHORIKAWAは工場での溶接作業ですので流れる風は快適ですが、風でアルゴンガスが流れてしまうので、ノンガスと同じ状態になって溶接ができません!
                                                                                                                                                  しゃ〜ないし鉄扉を締めての作業です。
                                                                                                                                                  屋根のトタンはないので、飛びませんが、
                                                                                                                                                  額からトタンに汗が飛び散ります。
                                                                                                                                                  そんな状況で24パイエキパイを作りましたから、
                                                                                                                                                  HORIKAWAの臭いがするかもしれませんヾ(@^(∞)^@)ノ
                                                                                                                                                  と言っても、シンナーで脱臭してから、耐熱ブラックを吹き付けていますからムシュ〜ダよっ!

                                                                                                                                                  まぁ〜そんなこんなで、真夏の溶接は苦痛じゃのよ・・。

                                                                                                                                                  目標あと6ッコ・。・

                                                                                                                                                  汗で飛び散る鉄粉を顔に浴び顔を錆びさせながら、しばらくこの作業が続きます)^o^(

                                                                                                                                                  ジャイロ モトリペア ガリューズ マフラー タイプ? と オーバーサイズ マロッシ ピストンリング

                                                                                                                                                  0
                                                                                                                                                    ジャイロ モトリペア ガリューズ マフラー タイプ?の試作

                                                                                                                                                    モトリペアの高回転型、ジャイロ用マフラーの”ガリューズ マフラー 68”を試作しました。
                                                                                                                                                    ジャイロ モトリペア ガリューズ マフラー
                                                                                                                                                    ジャイロ モトリペア ガリューズ マフラー
                                                                                                                                                    ジャイロ モトリペア ガリューズ マフラー
                                                                                                                                                    ジャイロ モトリペア ガリューズ マフラー

                                                                                                                                                    エキパイと本体はフランジであわせ、スプリングで引っ張ら無いようにして排気漏れをしないようにしました。
                                                                                                                                                    試作のため、調整できるように分解できるようにして、試乗です。

                                                                                                                                                    ♪パ〜♪の音は恥ずかしいですが、勢いよく走り出し、ノンセッティングで、北行き”アッという間に75キロ”
                                                                                                                                                    南行きは”おぉ〜の85キロ” ヽ(^o^)丿

                                                                                                                                                    二週目・・南行き・・・伸びないなっと思って、アクセルを戻した途端!
                                                                                                                                                    ♪ギユッ^^;

                                                                                                                                                    再始動はできましたが、なんだか様子がおかしい!

                                                                                                                                                    分解しましょう
                                                                                                                                                    深い一本の傷が付いたシリンダー!
                                                                                                                                                    マロッシ68 焼きつき シリンダー

                                                                                                                                                    まだ使えると判断したピストン!
                                                                                                                                                    マロッシ68 焼きつき ピストン

                                                                                                                                                    勿体無いので、再組み立てをして始動しますが、吹き上がりがヘンです。
                                                                                                                                                    燃え切ってないような、♪ボボボ♪
                                                                                                                                                    ”カブッタ”ような感じです!

                                                                                                                                                    圧縮が低い!?!
                                                                                                                                                    シリンダーの一本の傷が要因してるのでしょう^^;

                                                                                                                                                    コンぐらいの傷ならド〜も無いと思ってたんですけど・・。

                                                                                                                                                    仕方ないので、テスト用で残してたのを積みましょう!

                                                                                                                                                    しかし、そのままでは面白くありません。

                                                                                                                                                    ピストンリングのオーバーサイズを試して見ることにします(^。^♪
                                                                                                                                                    マロッシ68 オーバーサイズ ピストンリング by モトリペア

                                                                                                                                                    マロのは鋳鉄リングですから、初期なじみだけでも結構減ります!
                                                                                                                                                    減りは、合口すき間にも影響がありますね!
                                                                                                                                                    合口すき間が多くなると、爆発圧力がクランク室に入り込みます!
                                                                                                                                                    そうすると、へんにクランク室の圧力が高くなるので、新規混合気が入ってきにくくなるのは、想像できますね!?!

                                                                                                                                                    燃焼した燃焼ガスは、排気管に行って普通ですが、クランク室に行くべきではありません。

                                                                                                                                                    したがって、ピストンの機密が十分で、リング圧力を的確にしなくてはなりません!

                                                                                                                                                    この、”マロオバリング”はオバさんですから太っちょです!
                                                                                                                                                    本物のオバよりも扱いがいいですよ(^。^)v

                                                                                                                                                    細めのヤスリで、合口のタン面を”ゴシゴシ”しましょう。

                                                                                                                                                    嵌めて擦って、擦って嵌めて・・・

                                                                                                                                                    オバがいき過ぎると、標準リングになっちゃいますので要注意です!

                                                                                                                                                    ノーマルリングと比較です
                                                                                                                                                    マロッシ68 オーバーサイズ ピストンリング by モトリペア
                                                                                                                                                    張力がキツイですよ

                                                                                                                                                    マロッシ68 オーバーサイズ ピストンリング 合口すき間 比較 モトリペア

                                                                                                                                                    マロッシ68 オーバーサイズ ピストンリング by モトリペア

                                                                                                                                                    ピストンピンを抜こうとすると硬いです。
                                                                                                                                                    マロッシ68 ピストンピン 10ミリ 変形

                                                                                                                                                    ピストンピンの負荷は大きそうです。

                                                                                                                                                    高回転型ポートほどピン負荷は大きいです
                                                                                                                                                    高回転で使うほどピン負荷は大きいです
                                                                                                                                                    圧縮が高いほどピン負荷は大きいです
                                                                                                                                                    点火時期が早いほどピン負荷は大きいです
                                                                                                                                                    爆発力が大きいほどピン負荷は大きいです

                                                                                                                                                    これらの要因を考慮するほど、走りがもっさくなるので
                                                                                                                                                    ”絶対正しい組み方”はありません・。・

                                                                                                                                                    ご自身の判断と、冒険と経験と・・。

                                                                                                                                                    今回の不調は、ピストンとシリンダーの傷と思ったのですが、一番の原因はアルミガスケットの亀裂でしたわ・。・
                                                                                                                                                    マロッシ アルミヘッド ガスケット 亀裂
                                                                                                                                                    マロッシ アルミヘッド ガスケット 亀裂

                                                                                                                                                    エンジンは、ガリューズマフラーの作り出す排気波で高回転になったのは、走りでよくなったのですが、数百回転プラスになった爆発回数と圧力が影響して、アルミガスケットに亀裂を引き起こす事になってしまいました。

                                                                                                                                                    これがステンだったら、こんな事のはなりませんが、その圧力は、ピストンピンへと逃げていってしまいますもで。”ガンは早期治療です”

                                                                                                                                                    マロッシ68 ピストンピン 10ミリ 変形
                                                                                                                                                    抜けない理由は太くなったところがあるからで、寸法は10.02ミリ!。!

                                                                                                                                                    マロッシ68 ピストンピン 影響

                                                                                                                                                    マロッシ68 ピストンピン 影響

                                                                                                                                                    ピンの段付きは、ノギスで見えるように数値が違います。

                                                                                                                                                    ピストンピンを抜く時、”温度をあげる”とスルッと簡単にぬけますが、
                                                                                                                                                    叩き抜いた場合は要注意です!
                                                                                                                                                    男になるか?イタワルか?思案は必要でしょう(^。^ゞ

                                                                                                                                                    そんなこんなで、オバリングを組み立てエンジンを始動してみると、ノーマルリングの時よりも”リング音、ピストンだ音!が非常に少なく、いい具合です!
                                                                                                                                                    Eサイズピストンとオバリングでもっとよくなると思えました(^0^♪

                                                                                                                                                    リングのふけ抜けが少なくなった様子でして、sjとmjを一段階小さくしないと”カブリ”がでてしまいました!

                                                                                                                                                    感じ!レスポンスがよくなって、
                                                                                                                                                     加速もよくなったか・・?


                                                                                                                                                    で・・ガリューズ。。

                                                                                                                                                    よく走ったけど、MRFのほうがHORIKAWA向きで、京都向きでしたので完成させないまま終了しました。

                                                                                                                                                    サイレンサーだけで、音量は減らせません!
                                                                                                                                                    エキパイの肉厚!
                                                                                                                                                    マフラーの立ち上のテーパーパイプから爆音が出てしまいます!
                                                                                                                                                    この部分の対策は、パンチングメタルとグラスウールですが、工作時間が掛かりすぎますので却下になたってわけです。

                                                                                                                                                    MRF68sマフラーで、京都の街で走ります。
                                                                                                                                                    モトリペア MRF68Sマフラー


                                                                                                                                                    mini ビデオ

                                                                                                                                                    超小型ビデオカメラ
                                                                                                                                                    よく映るんですよ!これが・・・
                                                                                                                                                    値段も安い!
                                                                                                                                                    車体にセッティングしてみましょ(^^♪

                                                                                                                                                    チョイ楽しみ・・。

                                                                                                                                                    ジャイロ キャノピー モトリペア

                                                                                                                                                    0
                                                                                                                                                      2006年のガリューズマフラー装着車とキャノピー中古メンテ

                                                                                                                                                      2011.05.06から 中古車 整備 キャノピー モトリペアで整備記録を記事にしましたね☆

                                                                                                                                                      中古車 整備 キャノピー モトリペア

                                                                                                                                                      キャノピーの中古車整備 セカンド!

                                                                                                                                                      キャノピーの中古車整備 サード!

                                                                                                                                                      キャノピーの中古車整備 フォース!

                                                                                                                                                      キャノピーの中古車整備 オーバートップ!

                                                                                                                                                      今回は最終編です。

                                                                                                                                                      ありがたい事に、宅配業者さんに使ってもらえることになり、ミニカー登録で仕上げました(^^♪

                                                                                                                                                      モトリペア 中古車 キャノピー

                                                                                                                                                      モトリペア 中古車 キャノピー

                                                                                                                                                      モトリペアの中古車輌ですので、修理には入ってこないでしょう!(多分)

                                                                                                                                                      ”修理には入ってこない”

                                                                                                                                                      ちょっと寂しい気分ですが、痛まないで使ってもらえれば、”流石モトリペアだぜ!”と思えるので嬉しいですねっ☆

                                                                                                                                                      ”しっかりしたキャノピーの走りはコレなんだ!”
                                                                                                                                                      と、思ってもらえれば、尚 ”幸せ”ヽ(^o^)丿


                                                                                                                                                      修理は重なるもので、また入庫しました!

                                                                                                                                                      時折出てくる”ガリューズマフラー装着車”
                                                                                                                                                      燃費30キロのキャノピーの話です。

                                                                                                                                                      先日の雨降りの走行で、””水”を吸ってから不調になり、2日乗れたんですが、始動困難です”との事でした。

                                                                                                                                                      工場に入れて”セルスタート”・・・♪カチ・・・カチ・・・♪

                                                                                                                                                      バッテリー上がりです。
                                                                                                                                                      充電して始動しますが、♪カチ・・・カチ・・・♪

                                                                                                                                                      セル・ピニオンを疑います!

                                                                                                                                                      左ケースをはぐってみると、油分が足りなさそうでした。

                                                                                                                                                      キックも動き悪いでしたからね・・。

                                                                                                                                                      フトベルトを見るとカジれています!

                                                                                                                                                      記録を探してもらうと、3年前にベルトとプーリー、WRを交換していました。

                                                                                                                                                      走行距離は不明ですが、3年もてば”善し”でしょう(^^ゞ



                                                                                                                                                      油汚れはナシ〜ン
                                                                                                                                                      モトリペア 修理 キャノピー

                                                                                                                                                      右端の軸受け、油切れです^_^;
                                                                                                                                                      モトリペア 修理 キャノピー キックギア

                                                                                                                                                      モトリペア 修理 キャノピー キタコ プーリー

                                                                                                                                                      モトリペア 修理 キャノピー キタコ プーリー

                                                                                                                                                      モトリペア 修理 キャノピー 長ベルト

                                                                                                                                                      ベルトやウエイトローラーは交換しましょう。

                                                                                                                                                      では、”黄色のベアリングガイドが弱い”や”ベアリングが飛散する”がネットに登場しますが、”ヤラセナシで”ベアリングの数はキッチリで黄色のガイドもまだまだモット使えます””噂”ってホント"噂”です。

                                                                                                                                                      ”ハサミとなんとかは使いよう”って現代人には”死語”のようですが、旨く使えば”難の事は無い”です"^_^"

                                                                                                                                                      ドリブンAssyは、新品または最良の状態で使ってください。
                                                                                                                                                      ベアリングは逃げません!ガイドも痛みません!

                                                                                                                                                      どんな場合も同じだと思います。

                                                                                                                                                      乾電池もそうですよね!
                                                                                                                                                      単三電池二個使用するミニ四駆があるとします。

                                                                                                                                                      一個は古!
                                                                                                                                                      一個はリチューム電池の新品!

                                                                                                                                                      その組み合わせでだれが使いますか?。?

                                                                                                                                                      その組み合わせをして、

                                                                                                                                                      ”リチューム電池”は消耗が激しく使い物にならない最低の電池だ” 

                                                                                                                                                      こんな評論家の意見に”惑わされる人”はいませんよねヾ(@^▽^@)ノ

                                                                                                                                                      出張しないベアリングさんとまだまだ履ける黄色のパンツ!
                                                                                                                                                      カメレオンファクトリー センター スプリング スライダー

                                                                                                                                                      キタコカムは、フェイス面OK!カムの状態もOK! 再使用できます。
                                                                                                                                                      でも今回は、ドリブンフェイスは交換しましょう。
                                                                                                                                                      キタコ トルクカム モトリペア 

                                                                                                                                                      キタコ トルクカム モトリペア

                                                                                                                                                      ベルトは”痩せて”セルケースに接触したようで、”カジリ”がありました。
                                                                                                                                                      キタコ 長ベルト モトリペア


                                                                                                                                                      ガイドの足は擦り減ってました
                                                                                                                                                      キタコ プーリー タイプ? モトリペア

                                                                                                                                                      ガイドもWRも交換しないと・・。
                                                                                                                                                      ガイド と ウエイトローラー モトリペア


                                                                                                                                                      2006年に登場した”ガリューズマフラー”は販売当初に、買ってもらっています。
                                                                                                                                                      既に”5年”経過しています。
                                                                                                                                                      この車輌も”カストロ レーシング TTS”の愛用者でして、安定した性能で現在に至ります。相性の悪いオイルなら、マフラーは詰まって排気困難どころか”ゴミ”になってたことでしょう・・・

                                                                                                                                                      ガリューズ マフラー ジャイロ モトリペア

                                                                                                                                                      ガリューズ マフラー ジャイロ モトリペア

                                                                                                                                                      このキャノピーは、去年新オーナーに代わってから、初めての入庫です。


                                                                                                                                                      今回の故障は、雨水を吸った為のシリンダーの不良だと思いましたが、セルピニオンの”油切れ”だけで、エンジンは修理不要でした。

                                                                                                                                                      駆動系部品の交換と始動系の給油の作業ですませました。

                                                                                                                                                      さて、試乗です(^^♪

                                                                                                                                                      30扁平のコタイヤですが

                                                                                                                                                      北行き 62キロ
                                                                                                                                                      南行き 70キロ

                                                                                                                                                      50ccでこの状態にしては、”優秀”だと思いますヽ(^o^)/
                                                                                                                                                      (キャブもノーマル!エアクリもノーマル!シリンダーもノーマル!)

                                                                                                                                                      エンジンの回転は”9000rpm”見当でしょうか?

                                                                                                                                                      しかし、排気漏れ音があり音大きいです!

                                                                                                                                                      ジョイントにシーリングしても”音大きい”です?

                                                                                                                                                      水道ホースを”聴診器”にして診断です・・。

                                                                                                                                                      おやや?ありゃりゃ!
                                                                                                                                                      エキパイ部分で音が大きいです!

                                                                                                                                                      クラックがあって、溶接しました。

                                                                                                                                                      キッチリ取り付けて始動・・・。

                                                                                                                                                      流石に良いです。
                                                                                                                                                      ”自画自賛”って笑われますが、
                                                                                                                                                      気に入ってる物だから、仕方ないでしょう!

                                                                                                                                                      HORIKAWAが設計して、何本も試作して、良いと思ったので販売した商品ですから・。・

                                                                                                                                                      ”ま〜なんと、マロヤカナな音質”
                                                                                                                                                      当時測定したデータを出して来てもらいました。

                                                                                                                                                      近接排気音量レベル・・・4500rpm/85.9db
                                                                                                                                                      7000rpm/98.2db
                                                                                                                                                      max回転騒音レベル ・・・・・・ 104.7db


                                                                                                                                                      マロッシ用の”ガリューズ”の進化版の”ガリューズS”を構想中です。

                                                                                                                                                      イメージを形にするって大変だけど”面白い”ガンバンべ(~o~)/

                                                                                                                                                      モトリペア ブログ 画像 2009

                                                                                                                                                      0
                                                                                                                                                        モトリペア MRFカーボンバルブとマロッシ リードバルブ 荷重比較
                                                                                                                                                        2009,07,06    MRF カーボンバルブ
                                                                                                                                                        ジャイロ リードバルブ マロッシ バルブ モトリペア      ジャイロ リードバルブ マロッシ バルブ モトリペア


                                                                                                                                                        モトリペア pekoの力作
                                                                                                                                                        2009,07,06    リアルフレア カスタム ジャイロ キャノピーモトリペア フレア135 カスタム キャノピー      モトリペア リアルフレア ジャイロ キャノピー


                                                                                                                                                        モトリペア MRFマフラー68S
                                                                                                                                                        2009.07.13   MRF68Sマフラー
                                                                                                                                                        モトリペア MRFマフラー68S ジャイロ      モトリペア MRFマフラー68S ジャイロ



                                                                                                                                                        ハイギア 交換 要領
                                                                                                                                                        2009.08.29  ハイギアの組み換え(ジャイロdeマロッシ)
                                                                                                                                                        モトリペア ハイギア 超ハイギア ジャイロ       モトリペア ハイギア 超ハイギア ジャイロ       


                                                                                                                                                        マロッシ 68 交換 要領
                                                                                                                                                        2009.08.20  マロッシの基本組み付け
                                                                                                                                                        モトリペア マロッシ 68 ボアアップ ジャイロ       モトリペア マロッシ 68 ボアアップ ジャイロ 


                                                                                                                                                        フォースト ジャイロ
                                                                                                                                                        2009.08.13 ホンダ 4st ジャイロ 二輪ではない屋根付き三輪の魅力
                                                                                                                                                        モトリペア 4st ジャイロ       モトリペア 4st ジャイロ 


                                                                                                                                                        マロッシ ヘッド (MRF マロッシ ヘッド カバー)
                                                                                                                                                        2009.09.18 マロッシ センタープラグヘッド 
                                                                                                                                                        モトリペア MRF マロッシ ヘッド カバー ジャイロ       モトリペア MRF マロッシ ヘッド カバー ジャイロ 


                                                                                                                                                        慣らし運転 マロッシ 68
                                                                                                                                                        2009.09.12  慣らし運転
                                                                                                                                                        モトリペア MRF マロッシ 慣らし運転 ジャイロ       モトリペア MRF マロッシ 慣らし運転 ジャイロ 


                                                                                                                                                        MRF エキパイ24パイ 
                                                                                                                                                        2009.09.03  Q&A:MRFエキゾーストパイプ24Φについてモトリペア MRF エキゾーストパイプ24Φ ジャイロ       モトリペア MRF マロッシ 慣らし運転 ジャイロ 


                                                                                                                                                        ウオタニ イグニッションコイル の取り付け要領
                                                                                                                                                        2009.10.08   ASウオタニイグニッションコイル5 (1〜6)
                                                                                                                                                        ウオタニ イグニッション コイル モトリペア        ウオタニ イグニッション コイル モトリペア  


                                                                                                                                                        メイメイ トライク 三輪 
                                                                                                                                                        2009.10.24   メイメイ1 メイメイ2 メイメイ3 メイメイ4 メイメイ5 
                                                                                                                                                        メイメイ 動画 You tube (メイメイ1〜4)  
                                                                                                                                                        モトリペア メイメイ トライク 三輪      


                                                                                                                                                        京浜PE24Φキャブレター
                                                                                                                                                        2009.12.28  京浜PE24Φキャブレター 
                                                                                                                                                        モトリペア MRF ビッグマニ 京浜PE24Φキャブレター ジャイロ       モトリペア MRF ビッグマニ 京浜PE24Φキャブレター ジャイロ 


                                                                                                                                                        フロント ブレーキ メンテナンス
                                                                                                                                                        2009.12.07  旨さはぎゃ〜 2
                                                                                                                                                        モトリペア フロント ブレーキ メンテナンス ジャイロ       モトリペア フロント ブレーキ メンテナンス ジャイロ  

                                                                                                                                                        オイルの抜き替え方法

                                                                                                                                                        0
                                                                                                                                                          読者さんよりタイトルを頂きました。

                                                                                                                                                          ”オイルの抜き替え方法”ですヽ(^o^)丿

                                                                                                                                                          4サイクルエンジンだったら、交換が基本ですが、”何処にあるオイルを抜き取るか”が焦点になりますね!

                                                                                                                                                          自動車整備で追求した事があります。
                                                                                                                                                          普通ならオイルパンの”ドレンコックから最後の一滴も抜き取る”事をしますが、カートリッジフィルターにも古いオイルが残っています。
                                                                                                                                                          当然フィルターの交換ですね!
                                                                                                                                                          でも毎回フィルターの交換は出費も多いです(^_^;)
                                                                                                                                                          そこで、フィルターとポンプラインのオイルを抜きたい時クランキングすることにより、より多くのオイルを排出する事ができました。

                                                                                                                                                          二輪の4サイクルなら”キックキック”で残り油もチョロチョロと排出できました。

                                                                                                                                                          さて、ジャイロは2サイクルですから、本来補充が基本です。
                                                                                                                                                          中古車の場合、以前のオイルは何が入っていたかわかりません?
                                                                                                                                                          リッター400円の”とりあえずオイル”では、不安です。

                                                                                                                                                          粗悪なオイルは、カーボンとなってマフラーを即効詰まらせます。
                                                                                                                                                          潤滑能力も劣ると考えられます
                                                                                                                                                          白煙が多い
                                                                                                                                                          油膜切れやレスポンスの悪さを感じるかも知れません
                                                                                                                                                          などが、オイルの性質で考えられる事です!

                                                                                                                                                          モトリペアはカストロTTSレーシングを推奨しています。
                                                                                                                                                          理由は
                                                                                                                                                          手に入りやすい商品である事
                                                                                                                                                          価格が比較的リ-ズナブルだ
                                                                                                                                                          0.5リットル入り缶なので、タンクに入りきるので扱いが良い
                                                                                                                                                          また性能面では
                                                                                                                                                          潤滑作用が良い
                                                                                                                                                          白煙が少ない
                                                                                                                                                          オイル自体の燃焼温度が低いので、マフラーが詰まりにくい
                                                                                                                                                          マロッシ68の高負荷運転にも十分な性能を発揮する
                                                                                                                                                                                 です。

                                                                                                                                                          以前に書いた事もありますが、
                                                                                                                                                          タンクに入ってる種類も判らず、高性能のオイルを継ぎ足すのはどうでしょう!

                                                                                                                                                          または、次から次にブランドの違うオイルのブレンドも如何なるものか?

                                                                                                                                                          オイルラインやオイルポンプ、またはパスチューブにも古いオイルが残っているので、直ぐに高性能オイルは反英しません^_^;

                                                                                                                                                          継ぎ足したにも関わらず・・
                                                                                                                                                           ”やっぱり高級オイルはちゃうわぁ〜”
                                                                                                                                                          これは、単なる錯覚です"^_^"

                                                                                                                                                          そこで、綺麗〜。〜に抜き換えたいですね!

                                                                                                                                                          めんどくさく、確実な判断が必要ですが、作業自体は簡単ですのでやってみてください。


                                                                                                                                                          1タンクキャップを開けておく
                                                                                                                                                          2左側のL型ジョイントの次の金属パイプジョイントの所で、ホースを外す
                                                                                                                                                           (受け皿でオイルを受けてくださいよ!)
                                                                                                                                                          320分ぐらいでタンクは空になりますが、タンク出口が左よりなので、スイングロックを一段左にしておくと、殆ど残らないことでしょう。
                                                                                                                                                          4タンク出口の、ホースジョイント(段付きのゴムジョイント)のところには網のフィルターが付いているので、クリーニングしましょ!
                                                                                                                                                          5エキパイを外し、オイルポンプを外します(底から一本でボルトで止まってる)
                                                                                                                                                          6ポンプのギアシャフトを上に向け、ギアシャフトを引っこ抜く
                                                                                                                                                           (多少オイルが垂れるので、オイル受けが必要です)

                                                                                                                                                          一般にココまでが抜き取りです。

                                                                                                                                                          もっと、抜きたい場合は、ポンプの中も、オイルパイプも全て気が済むまで綺麗にしてください。

                                                                                                                                                          ここで注意!

                                                                                                                                                          綺麗にしたい一心で、パーツクリーナーは使わない方が良いと思います。

                                                                                                                                                          ”綺麗になるやん”とシューしたあと、冷たさのあまりに汗をかいてしまうパーツを見たことあるでしょ!

                                                                                                                                                          パーツクリーナーは速乾性ですが、熱変換作用で”露付き”になります。
                                                                                                                                                          それは”水分”ですから、乾燥には非常に時間が掛かり、また、ポンプ内で水分が残る可能性も出てくるからです。

                                                                                                                                                          やっちまったなら仕方ありません!
                                                                                                                                                          じっくり時間と水分リスクも背負って乾燥させて下さいね!

                                                                                                                                                          とゆうことも踏まえるとパーツクリーナーは使わない方がよさげですね。


                                                                                                                                                          で、重力落下でオイルは抜き取れましたから、給油しましょう。

                                                                                                                                                          7L型ジョイント付近のホースとフィルターを元どおりにします
                                                                                                                                                          8ポンプは上向きのまま、ギアシャフトを挿入しておき
                                                                                                                                                          9タンクに200cc〜500cc注油します
                                                                                                                                                          10ギアシャフトをもう一度抜きます
                                                                                                                                                          11ポンプのシャフト穴からジワジワと古い色のオイルがでてきますね。
                                                                                                                                                          新しいオイルもジワジワとパイプの中をつたってきています。ポコポコオイルが・・空気の泡が・・
                                                                                                                                                          12ポンプから古いオイル色から、新しいオイルの色に変り、気泡も出てくる”ダラァ〜”と新しいオイルばかりが出てくる様になったら、ギアシャフトを挿入します。(垂れ流しのオイル量は10〜30ccぐらいでしょうか?)
                                                                                                                                                          13ポンプを元のように組み付けましょう

                                                                                                                                                          これで、ポンプのエア抜きは終わりです
                                                                                                                                                          でもパスチューブ(ポンプからキャブのホース)にオイルはありません。

                                                                                                                                                          14オイル注しでパスチューブにオイルを送り込み、反対側から流れ出るのを確認して、極力折角注入したオイルが流れ出ないタイミングでパスチューブの両端をそれぞれに接続しましょう
                                                                                                                                                          15キャブ口からオイル注しでオイルを少量注油します
                                                                                                                                                          16オイルポンプのカムレバーに針金を引っ掛け、全開の位置で固定します
                                                                                                                                                          17エンジン始動
                                                                                                                                                          18パスチューブのキャブ側を外して、チューブの様子を見ます。断続的にオイルが手前に出てきますね。3滴5滴とチューブから落ちたので良しとして、キャブに接続します。
                                                                                                                                                          19針金を外して、アクセルとの連動具合を確認しましょう

                                                                                                                                                          これで、完璧に新しいオイルになりました。

                                                                                                                                                          軽く一周試運転します
                                                                                                                                                          再度、18の目視点検で安心感が得られます
                                                                                                                                                          針金で引っ張ってませんから、吐出量は少ないです(4〜5秒に一滴ぐらいかな?)

                                                                                                                                                          この抜き換え作業で”新ブランドオイル”の評価をしなくても良くなりましたし、作業直後に匹敵するぐらい即効性がありますので、メリットも可也あると思います。

                                                                                                                                                          ”カスワコーOIL”いかにもコワーレルカスOILみたいでしょ!
                                                                                                                                                            (貴方の作った、ワコーオイルとカストロの新ブレンド(^.^))
                                                                                                                                                           
                                                                                                                                                          確実な交換で、最適な潤滑をさせてあげて下さいねっ☆ 


                                                                                                                                                          ps:完璧な作業が出来た後は、こぼれたオイルはパーツクリーナーで洗い流してください。

                                                                                                                                                             ヌルヌルでは、ジャイロもかわいそうですもんねヽ(^o^)丿

                                                                                                                                                          あっ!それと・・

                                                                                                                                                           オイルタンクにレベル一杯入れて・・
                                                                                                                                                            タンクキャップは閉めてください。

                                                                                                                                                          もう一つ!
                                                                                                                                                           タンクキャップは”締まり”が悪くなります。

                                                                                                                                                          スコスコなら交換してくださいよっ☆
                                                                                                                                                           周りが”べチョべチョ”になってしまいまっせ(>。<) 



                                                                                                                                                          ツルツルがいいのか?

                                                                                                                                                          0
                                                                                                                                                            鏡面仕上げ

                                                                                                                                                            アメリカのカスタムカーなら決まってツルツルの鏡面塗装ですねっ☆
                                                                                                                                                            水を掛けたような!鏡の様な反射は魅了されます。
                                                                                                                                                            所有した自動車は”すかして!すかして!”鏡面バフをしたもんです。

                                                                                                                                                            バイクならエンジンカバーです。
                                                                                                                                                            これも、研磨ペーパーで擦って擦って、顔真っ黒けになりながらバフしたもんです。

                                                                                                                                                            磨くと綺麗だし、あの輝きは嬉しくて嬉しくて・・。
                                                                                                                                                            でも、防錆効果がないのでアルミ独特のザビに悩みます。

                                                                                                                                                            そこで、クリア塗装!
                                                                                                                                                            焼付けが耐久あるので、塗料を選びます
                                                                                                                                                            選んだのは、”メラミン塗料”
                                                                                                                                                            常温で乾燥はしますが意味有りません
                                                                                                                                                            120度以上で焼き付けます
                                                                                                                                                            密着もよく耐久に優れますが、時間が経つと黄みが出てきます。

                                                                                                                                                            アルマイトも良く聞く防錆方法です。
                                                                                                                                                            しかし防錆屋さんで聞くと
                                                                                                                                                            クリアはないそうです?。?
                                                                                                                                                            ホイールなどに施される透明のアルマイトってどんな技法なんでしょう?
                                                                                                                                                            知ってる方がおられたら、教えてください。

                                                                                                                                                            ”鏡面”
                                                                                                                                                            こんなところでも最近見ました。
                                                                                                                                                            マロ排気ポートの鏡面!

                                                                                                                                                            チューニングの方法で、よりスムーズな流れをイメージして、チューナーさんは磨き倒します。

                                                                                                                                                            インテークマニやインテークポートがその部分です。
                                                                                                                                                            チューナーさんの考え方は二通りあるんです。

                                                                                                                                                            スムーズな流れになるから良いに決まってる!

                                                                                                                                                            逆の考えは、

                                                                                                                                                            吸気ガスが流れる時ツルツルの面にぺターとガソリンの粒子が引っ付いてしまうので空気と混ざり難い!
                                                                                                                                                            適度のザラツキは乱気流がおこるので、空気とガソリンが混ざり易いから理想だ!

                                                                                                                                                            実際の効果は微妙に違いなく、微妙差にも一長一短有るのだと思います。

                                                                                                                                                            燃焼室やピストンの天辺を鏡面にすればどうでしょう?
                                                                                                                                                            鏡面だからカーボンが付着しなかったことはまず有りませんでした!

                                                                                                                                                            だったら排気ポートは・・?
                                                                                                                                                            普通のエンジンなら排気ポートはたった数センチの長さです。
                                                                                                                                                            マロなら2センチ?
                                                                                                                                                            この部分だけ鏡面にしてどれだけの効果があるでしょう。

                                                                                                                                                            HORIKAWAも実際色んな車種でやってみています
                                                                                                                                                            しかしこれ全て”自己満”の世界です。

                                                                                                                                                            ”うっわっ!”ピッカピッカ☆
                                                                                                                                                            排気ポートだから出来る部分で出来ない吸気ポートはほったらけのザラザラ★やはり自己満にすぎませんよね^_^;
                                                                                                                                                            それに、ポートの次に通るエキパイはどうするんでしょう?
                                                                                                                                                            やはり鏡面にするのでしょうか?(ムリムリ)

                                                                                                                                                            2センチの排気ポートより、その後の方が相当長いです。


                                                                                                                                                            ヤフオクのコメントより

                                                                                                                                                            ”よく売っている、排気のポートのザラザラ部分を少しさらったものとは別格になります。
                                                                                                                                                            タイミングなどもかえてあります。”

                                                                                                                                                            この”よく売っている”とはモトリペアのダイマロを刺すのでしょう!!

                                                                                                                                                            とゆうことは、”ダイマロをこっそり買って商品を見た”と解釈するしかないですよね(笑)

                                                                                                                                                            また”排気のポートのザラザラ部分を少しさらった”この部分を評価するのは、これ大間違い!
                                                                                                                                                            その部分をデッカクすると低回転のトルクが減ってしまうんだよ!
                                                                                                                                                            (わかってね〜だろ〜なぁ〜(^。^)まっいいけど・。・)

                                                                                                                                                            それと良質のオイルって銘柄の公表がありません!(なんでしょう?)
                                                                                                                                                            車重の軽い?で80キロオーバーってオーバーだよ!
                                                                                                                                                            モトリペアの場合、重いキャノピーで静かなマフラーで80キロだもん(^。^)
                                                                                                                                                            おまけに回転も低く扱いやすいよん\(^o^)/

                                                                                                                                                            比較攻撃するようなコメントはあたしゃ好きじゃありません"^_^"

                                                                                                                                                            以前にも説明したように、”高圧縮でピストンピンに負担があるよ”とか”排気タイミングを早めると低回転トルクが減っちゃうよ”とか、それをすると確かに走るけど”排気音がデッカクなるよ”などなど・・。

                                                                                                                                                            スピード狂なら別ですけど、ジャイロは街で便利に乗れる三輪であって、余裕の力で加速でき車の流れに乗れる速度ならOK!だと思います。

                                                                                                                                                            いい年になって”パァー”(排気音♪)はいけてません。


                                                                                                                                                            モトリペアHORIKAWAは使い易いジャイロを提案していますヽ(^o^)丿

                                                                                                                                                            スピード狂のその人とは考え方が全く違うHORIKAWAです(*^。^*)


                                                                                                                                                            ゲンチャリ小僧の延長でがんばってるに違い無いと思うのですが、近所の人にメイワクがられないジャイロの方が良いと思います。コメントもねっ☆

                                                                                                                                                            あぁ〜また反感かっちゃったぁ〜
                                                                                                                                                             
                                                                                                                                                              チャリー チャリー チャリー・。・






                                                                                                                                                            ライトウエイト?

                                                                                                                                                            0
                                                                                                                                                              ハンドメイド マフラー ジャイロ
                                                                                                                                                              ハンドメイド マフラー ジャイロ
                                                                                                                                                              先日作業したマフラーのインナーパーツと各パーツです。

                                                                                                                                                              ダイバージェントコーン部の改善で排気効率が良くなるだろうと、今回の改善です。

                                                                                                                                                              コンバージェントコーンは画像の排気ガスを絞リ込む円錐状の筒。
                                                                                                                                                              それに対して、エキパイから膨張させるための円錐状の筒がダイバージェントコーンです。

                                                                                                                                                              純正マフラーは清音性能重視で作られますから、チャンバー効果が低くなっれる様です。

                                                                                                                                                              以前にはテーパーコーンを新規で作り直したことも有りますが、今回は画像のような構成です。

                                                                                                                                                              清音性を考え画像の上の左のパーツがそれです。

                                                                                                                                                              組み立てた状態はこのようになりました。
                                                                                                                                                              いかにも排気波がシリンダーに入る新規ガスを押さえ込みそうでしょ!

                                                                                                                                                              モトリペア MRFマフラー 105静音タイプ

                                                                                                                                                              性能は現時点でわかりませんが、多分良い結果が得られるだろうと期待しています。

                                                                                                                                                              ワイドルーフを装着する車輌のルーフピラーは、極力外側で止めるのが理想だと思います。

                                                                                                                                                              この車輌からその手法を取り入れています。

                                                                                                                                                              今進行形のエボキャノも同じピラーポールを使いました。

                                                                                                                                                              モトリペア ワイドルーフ 支柱
                                                                                                                                                              モトリペア ワイドルーフ 支柱

                                                                                                                                                              後頭部で”ごっつん”しにくいように後ろに曲げています。
                                                                                                                                                              ボックスゲートがちゃんと開くようにクリアランスも確保しないといけませんからフレアキャノのようには行きません。
                                                                                                                                                              でも。いい具合でしょヽ(^o^)丿

                                                                                                                                                              製作コストに制約があまりない場合は想いどおりに作業してしまうのは、やはり、”機用貧乏”になってしまう要素なんですが、完成したときの喜びがあるので相乗効果に繋がると思うのでやってしまいました!
                                                                                                                                                              ヨウ素には気をつけなければなりません"^_^"


                                                                                                                                                              数字を限定去られる時”妥協”で物事を考えざる得ません!

                                                                                                                                                              今日はヘビーウエイトのマフラーのことで始めましたが、震災のことでつまりそうでしたのでちょっと軽い気持ちで書きました(^^ゞ


                                                                                                                                                              複雑な思い

                                                                                                                                                              0
                                                                                                                                                                東海関東地震

                                                                                                                                                                あれ以来ニュースを見ると色んな思いになります。
                                                                                                                                                                人々の力って凄いんだと思います。

                                                                                                                                                                国は総力を挙げて救済に取り組んでいます。
                                                                                                                                                                国民の皆さんも出来る事を一つでもと思いで物資や義援金などで力になることをやっています。
                                                                                                                                                                世界の人々からの支援も凄く心強く感じます。

                                                                                                                                                                ネットでもその日のショッキングな映像でその規模を感じとれました。
                                                                                                                                                                日々広がる被災の状況
                                                                                                                                                                それに加え原発の被害
                                                                                                                                                                爆発して日本が終わるのか?極端に心配しましたが、そうはならない事は前回の記事で紹介した説明で安心できました。

                                                                                                                                                                今ノーベルさんに知らせてもらったリンクを覗きました。
                                                                                                                                                                参考になると思いますので見に行ってください。

                                                                                                                                                                武田邦彦さん(中部大学)のブログですhttp://takedanet.com/

                                                                                                                                                                この記事以外にも地震の事で書きもしましたが、書いては消ししています。
                                                                                                                                                                ジャイロの話ではありませんから。

                                                                                                                                                                被災地の状況も気にしながら私達は仕事もしなくてはなりません。

                                                                                                                                                                画像だけですが、気分を少し和らげてください。

                                                                                                                                                                モトリペア 105 エキパイ
                                                                                                                                                                モトリペア 105 MRFマフラー
                                                                                                                                                                モトリペア ワイドルーフ 支柱
                                                                                                                                                                モトリペア ワイドルーフ 支柱





                                                                                                                                                                ジャイロ マロッシ68 ダイマロ マルチバリエーター

                                                                                                                                                                0
                                                                                                                                                                  ウオタニ イグニッションコイルとデイトナ アドバンスCDIで点火系の強化

                                                                                                                                                                  ほとんど完成に近づいたキャノピーですヽ(^o^)丿

                                                                                                                                                                  マロッシマルチバリエーターとホンダ純正のランププレートの相性は?と始めたキャノピーは、順調に70キロ以上の最高速になり、今日はもっと快適!加速フィーリングをもっと良く!最高速もプラスになればなお良い!との思いで、ウオタニ イグニッションコイルを装着!

                                                                                                                                                                        

                                                                                                                                                                  取り付け後の感じは、やはりしっかりした加速感が感じられますヽ(^o^)丿実際にも60キロ到達距離が近くなってますから、ウオタニIGでトルクアップした事に違いありません\(^o^)/
                                                                                                                                                                  速度を上げることと、点火時期を早めレブ回転を高めようと、デイトナ アドバンスCDIも付けました。
                                                                                                                                                                  このキャノピーのフェンダーはノーマルを使いますから、ノーマルタイプのマフラーのテールパイプをワンサイズ太いのに交換しました。

                                                                                                                                                                        

                                                                                                                                                                  この段階で、いままでベルトのスリップ音が無かったのに、発進時に♪キュル♪と音が聞こえ出しました^_^;この音からもトルクアップになったと解釈しましたよっ☆

                                                                                                                                                                  トルクカムスリットは斜め、センスプ80、WRは9gx6から
                                                                                                                                                                  トルクカムスリットは斜め、センスプノーマル、WRは9.5gx6に変更、試運転です。

                                                                                                                                                                  スリップ音はしませんでしたが、最高速が4キロダウンです^_^;

                                                                                                                                                                  もう一周して、変速の感じをイメージします。

                                                                                                                                                                  トルクカムスリットはへの字、センスプノーマル、WRは9gx6
                                                                                                                                                                  ここらあたりでイヤキチになってきたから、決まっててもらいたいとこです!

                                                                                                                                                                  北行きは67〜68、南行きは74〜76位まで走ってくれました\(^o^)/

                                                                                                                                                                  これで、目標はクリアしました!

                                                                                                                                                                  今回のチョイスは、”市内のGO&STOPを快適に”を目指しました。

                                                                                                                                                                  これにハイギアをつけると更に5キロはあがりますので80キロ見当まで伸びること間違いありません。
                                                                                                                                                                  更に、プーリーボスを短くすると、85キロも可能かもしれません!

                                                                                                                                                                  エキパイはノーマルでマフラーはMRFチープノーマルタイプですから、音量はノーマル車と変わりないぐらい静かですし、ノーマルエアクリをそそまま使っていますのでこちらからも、吸気音は出てこず静かです。

                                                                                                                                                                  音も静かで、概観は全くのノーマルキャノピーですが、派手なスタイルでチャンバー音を撒き散らしてるキャノピーと信号で一緒になったときがとっても楽しいんですヽ(^o^)丿
                                                                                                                                                                  抜き去る時の快感が”たまんねぇ〜”

                                                                                                                                                                  静かで、低回転!静かなのに85キロ!魅力的ですねっ☆

                                                                                                                                                                  HORIKAWAは一杯構想を持っていますが、なかなか他の事で実行出来ませんが、”ガリューズマフラーの静音タイプ”、これをもう一度造ってダイマロ68、マロマルチバリエーターの組み合わせで走らせたいと思うようになってきました!

                                                                                                                                                                  ”ガリューズマフラーの静音タイプ”は一回だけ造りアップに付けましたが回転は10600rpm!サーキットでも目立たない音量でした。

                                                                                                                                                                        

                                                                                                                                                                  HORIKAWAの仕上げた車両は乗りやすいので、モトリペコナーからpekoはフル加速です!そして急減速!男子にコースを譲る気の配りようです!
                                                                                                                                                                  さすが、モトリペアのPEKOさんですねっ(*^。^*)




                                                                                                                                                                  キャノピーと言えばピザ屋さんですねっ☆
                                                                                                                                                                  アオキーズピザの柳津店の店長さんは、こんな状況でもデリバリーしてくれるでしょうか?

                                                                                                                                                                  ”店長!配達ですよっ”(^。^ゞ

                                                                                                                                                                  マロッシ70 vs DR70

                                                                                                                                                                  0
                                                                                                                                                                    〖ジャイロ マロッシ対DR9ポート〗

                                                                                                                                                                    前回のボーリングでDRも70ccにしたって書いたでしょ。
                                                                                                                                                                    ネコもへたばるこの暑さですが、気分全開でDRのポート修正をしました。
                                                                                                                                                                    良い結果が出れば暑さも”吹っ飛びそう快”の思いです(^−^)

                                                                                                                                                                    まず昨日組んだマロ70を分解

                                                                                                                                                                          

                                                                                                                                                                          

                                                                                                                                                                          

                                                                                                                                                                    皆さんにお見せできる状態でした\(^o^)/

                                                                                                                                                                    これがDR70ポート修正後です。と言うより走行後でした

                                                                                                                                                                         

                                                                                                                                                                         

                                                                                                                                                                    ストロボなしで取り直しました。

                                                                                                                                                                          

                                                                                                                                                                          

                                                                                                                                                                          

                                                                                                                                                                          

                                                                                                                                                                          

                                                                                                                                                                    走行後のスカートから中を写しました
                                                                                                                                                                     (最近盗撮が多すぎ、公務員関係が多いのにビックリじゃ)

                                                                                                                                                                           

                                                                                                                                                                          

                                                                                                                                                                    ポートはマロよりも低めです。とゆうのは、排気が3ポートあり一挙に掃排気されるからです。圧縮はヘッドで1ミリ挟みます。
                                                                                                                                                                    昨日の要領で全開走行です。
                                                                                                                                                                    まずまずのはしりですが、0.5ミリに変更!
                                                                                                                                                                    少し良い感じになりましたが、ガスケットなしで試走です。
                                                                                                                                                                    流石にキツイようで、圧縮意外でセッティングが要る様子です。
                                                                                                                                                                    今は入手できないDRですし、潰すのは惜しい気持ですから、雰囲気だけで走行を終わりました。
                                                                                                                                                                    ここでHORIKAWA的解釈です。(排気ポートを考えます)
                                                                                                                                                                    マロの場合は横に狭く排気ポート高さが高いです。
                                                                                                                                                                    DRは横に広く排気ポート はマロよりも低いです。

                                                                                                                                                                    ピストンが下がると背面掃気と左右の横掃気ポートから新規ガスが上がり燃焼済みガスをこの新規ガスで掃除しながら、燃焼室に新規ガスが充填されます。しかし横に広い3ポートですから、掃除が早いんです。それに吊られて新規ガスもエキパイへマフラーへ・・。折角の新規ガスはその掃気速度により、結果燃焼室に残った新規ガスはチョビットになってしまって、爆発力の低下になってしまった。です。
                                                                                                                                                                    なら、このエンジンの有効活用は・。・
                                                                                                                                                                    昔高回転型モトリペアのガリューズマフラーがありまして、チャンバー効果を利かせると排気管に行き過ぎた新規ガスは燃焼室へと戻されますから、効果絶大だと推測するのです。また実際ガリューズマフラーがあった頃このDR71の組み合わせもしていますから、ある程度実証済みってことです。

                                                                                                                                                                    このブログで興味をもってくださった方の中に、チャレンジャーさんはいませんか?近いうちヤフオクに出品予定しましたので、是非ご検討頂けたら宝の持ち腐りより有効活用で楽しんでいただければと思う次第です。
                                                                                                                                                                    チャンバー効果の良い人気のリバイブマフラーを装着してる車輌なら楽しみが増えると思います。リスクを背負うのが嫌な方は見てるだけにして、チャンバー効果の低いマフラー装着車輌の方も見るだけにしておいてくださいねっ(^。^)v   


                                                                                                                                                                    ジャイロ ヤフーオークション

                                                                                                                                                                    0
                                                                                                                                                                      大手企業さんの広告で、比較形で自社製品を良く表現してる事がありますね。”A社、B社、C社の中で一番優秀”なんだってだとさ!

                                                                                                                                                                      モトリペアが攻撃対象になってた頃の黄な粉軍団のやり口は”モ〇〇ペアはドウチャラコウチャラ・・・”馬さんも鹿さんも其のうち何処かに行くでしょ!とほぉ〜って於いたら、鳩さんの様に収拾が付かなくなってしまって、そりゃ〜大変だったので、一応対策して平静を取り戻した近頃ですへっ☆

                                                                                                                                                                      私達がお気に入りのジャイロのパーツは、販売量が少ないため大手部品メーカーの対象にならないので、モトリペアではいち早く少量でも製造して販売しようと実行しました。ジャイロが大ヒットの切っ掛けになったワイドタイヤホイールとアダプターのセットです。モッサイ形と内部変更で性能アップを図ったMRFマフラー、モトリペアで販売する目的よりも、HORIKAWAが欲しい、作りたい、と構想し自分が何処まで気に入るかで物づくりをしてきました。モトリペアは二輪修理のレストア(再生)で発足しましたので、ワンオフ旧車パーツやカスタムパーツは作って取り付け一台のオートバイにして完成していました。ですので、パーツだけを販売を目的としていませんでしたが、ジャイロのカスタム部品が無かった数年前から少量製造販売がヤフオクの存在で多くの人がこの製造に関わるようになったのは近年のことです。
                                                                                                                                                                      コピーが大流行で、モトリペアも苦戦!閃きと発想で楽しいジャイロの商品を開発しようと提案したこともあり、値崩れしても個性のある商品がふえましたヽ(^。^)ノ

                                                                                                                                                                      偶に、私もオークションでジャイロで検索してます。

                                                                                                                                                                      目新しいマフラーが出品されてまして、

                                                                                                                                                                      http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e100400822

                                                                                                                                                                      商品コメントが素敵☆でしたので、自己紹介欄を見ると

                                                                                                                                                                      〖オークションで購入しガッカリした経験ございませんか。私は落札いただいた方に満足いただける様、製作しております。元ヤマハ社員時代ワークスマシンの研究開発とメカニックの仕事に携わっておりサイレンサーだけで250CCワークスマシンを3馬力アップさせた経験もあり良い物を末永くご使用いただくよう頑張っておりますので宜しく御願い致します。オークションIDのない方も直接お気軽にご注文、お問い合わせください。オークション終了間近のご質問は、御回答出来ない事がありますのでその時はgodparts55@yahoo.co.jpまで日曜、祝日は発送いたしておりませんのでご了承御願い致します。〗

                                                                                                                                                                      と記載されていまして、目に留まったのが

                                                                                                                                                                      〖元ヤマハ社員時代ワークスマシンの研究開発とメカニック〗

                                                                                                                                                                      私なんかは、町工場のたたき上げ工員で御座います(BOM)

                                                                                                                                                                      お客さんから頂戴したコメントらしいのですが、可笑しいです(^○^)

                                                                                                                                                                      〖依頼者からのご連絡内容です。
                                                                                                                                                                      このマフラーを最初に製作依頼したキャノピー乗りです。その時はお世話になりました。駆動系ノーマルで70キロは出ました。エキパイはアリーレーシングさんのエキパイを使用しています。(ウェイトローラー キャブの調整はしましたが)音の方はノーマルフィルターからパワーフィルターに交換してマフラー風のエアークリーナーカバーを装着したので若干低音が大きくなりました。ノーマルエアクリーナーだと静かでした。この状態の音でリ〇〇ブのジャイロアップ用より静かです。モト〇〇ア製より若干大きいぐらいです。(改造内容によっては音も変わるでしょうが)大変気に入ってます。有り難う御座いました。質問でなくすみませんでした。〗

                                                                                                                                                                      ねっ!可笑しいでしょ^0^;
                                                                                                                                                                      モトリペアのは静かだけど走らない
                                                                                                                                                                      リバイブは走るけど五月蝿い
                                                                                                                                                                      アーリーレーシングのが最高です
                                                                                                                                                                          だってさっ(bom)

                                                                                                                                                                      そこで質問してみました(^^)v
                                                                                                                                                                      質問1 投稿者:M_repair / 評価:531 (評価の詳細)
                                                                                                                                                                      6月 16日 21時 39分

                                                                                                                                                                      大変良さそうなマフラーが出来上がりましたね。アイドリング時は何デシベルですか?また1万回転以上は回ると思いますがその時の音量は何デシベルですか?モトリペアでも取り扱いたいと思いますが、業販できますか?

                                                                                                                                                                      ↑の回答は比較的反応良好で↓高感度でした(^0^♪

                                                                                                                                                                      回答
                                                                                                                                                                      6月 17日 13時 38分

                                                                                                                                                                      質問ありがとうございます。まだ計測しておりませんので解かりませんが乗った感じではノーマルマフラーと同じ位の音量です。業販可能です。宜しくお願い致します。

                                                                                                                                                                      つぎは

                                                                                                                                                                      質問2 投稿者:M_repair / 評価:531 (評価の詳細)
                                                                                                                                                                      6月 17日 16時 18分

                                                                                                                                                                      回答ありがとうございます。ところでコメントにモト○○アとありますがこれはモトリペアのMRFマフラーの事ですか?このマフラーを業販していただきたいと思うのですが、とりあえず1本だけで申し訳ないですが、どの様に手続きすればよいのでしょうか?お知らせくださいませ。

                                                                                                                                                                      としたら

                                                                                                                                                                      回答
                                                                                                                                                                      6月 17日 22時 2分

                                                                                                                                                                      回答遅くなり申し訳ございません。直接メールいただけませんか。メールアドレスはgodparts55@yahoo.co.jpです。宜しくお願い致します。

                                                                                                                                                                      で、メールしました

                                                                                                                                                                      ”直接メールをいただけませんか。とのことでしたので、
                                                                                                                                                                      同じ内容の物を送信いたします。


                                                                                                                                                                       「回答ありがとうございます。ところでコメントにモト○○アとありますがこれはモトリペアのMRFマフラーの事ですか?
                                                                                                                                                                      このマフラーを業販していただきたいと思うのですが、とりあえず1本だけで申し訳ないですが、どの様に手続きすればよいのでしょうか?お知らせくださいませ。」”

                                                                                                                                                                      次に来たのが

                                                                                                                                                                      〖今晩はお疲れ様です。
                                                                                                                                                                      アリーレーシングの□□と申します。早速ですが
                                                                                                                                                                      オークションのコメントはユーザー様より直接ご連絡いただいた内容です。○○もそうですが不都合であれば取り消しいたします。
                                                                                                                                                                      モトリペア様はチャンバー製作しておられるメーカーでしょうか?
                                                                                                                                                                      他社の事はまったくわからないのでMRFの事もわかりません。
                                                                                                                                                                      ただカチあげタイプの製作の依頼を受けその後オークションに出品しております。
                                                                                                                                                                      それでは宜しくお願い致します。
                                                                                                                                                                      鹿児島市坂元町70-13
                                                                                                                                                                      アリーレーシング
                                                                                                                                                                      □□□□
                                                                                                                                                                      090-□□□□-□□□□〗

                                                                                                                                                                      別に〇〇でもいいんちゃうの
                                                                                                                                                                      それより、そのマフラーが楽しみ
                                                                                                                                                                      仕入れはいくら?性能も楽しみ!

                                                                                                                                                                      で、もう一度送信

                                                                                                                                                                      ”こんにちはモトリペアです。

                                                                                                                                                                      ご連絡ありがとうございます。
                                                                                                                                                                      アリーレーシングの□□さんは、モトリペアをご存じないという事なんですね。
                                                                                                                                                                      それは兎も角、モトリペアに業販していただけるなら送料を含む金額をお知らせください。
                                                                                                                                                                      ではよろしくお願いいたします。


                                                                                                                                                                      ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
                                                                                                                                                                            モトリペア
                                                                                                                                                                        MOTO REPAIR
                                                                                                                                                                         MR Factory
                                                                                                                                                                       〒602-0054
                                                                                                                                                                       京都府京都市上京区飛鳥井町249
                                                                                                                                                                       TEL&FAX (075)415-8608
                                                                                                                                                                       http://www.moto-repair.com
                                                                                                                                                                       お問い合わせ info@moto-repair.com
                                                                                                                                                                       ご注文 order@moto-repair.com
                                                                                                                                                                      営業時間:平日午後1時頃〜午後10時頃
                                                                                                                                                                         日曜祝日午後5時頃〜午後10時頃 ”

                                                                                                                                                                      その後通信が途絶えてしまいました。

                                                                                                                                                                      モトリペアを知らないんだったらそれでもいいよ?
                                                                                                                                                                      でも、
                                                                                                                                                                      〖この状態の音でリ〇〇ブのジャイロアップ用より静かです。モト〇〇ア製より若干大きいぐらいです。(改造内容によ・・・〗
                                                                                                                                                                      こんなコメントをわざわざおいて、モトリペアってなに?はないと思うのは私だけでしょうか?
                                                                                                                                                                      と言う事はリバイブも知らない?。?

                                                                                                                                                                      モグラなジャイロに関わる業者です(BOM)

                                                                                                                                                                      もしも知らなければ、調べてからモト〇〇ア製とかリ〇〇ブとか置きましょう。安易な行動は楽しみや信頼性までなくなってしまうのじゃ!

                                                                                                                                                                      昔こんな事を言った奴がいる
                                                                                                                                                                      ”先ずは信用を得る行動だ”
                                                                                                                                                                      この言葉ちょっとピンと来ません
                                                                                                                                                                      ”信用は地味に培う、積み重ねで信頼信用となる”
                                                                                                                                                                      創るものでは無いと思うのですが・・。
                                                                                                                                                                      表面的な綺麗さに騙されていませんか?

                                                                                                                                                                      マフラー㊙報告でしたが、
                                                                                                                                                                      次は、 関連㊙報告です

                                                                                                                                                                      180キャノは駆動系の再セッティングをしました。
                                                                                                                                                                      バツグンの加速に大喜びです。
                                                                                                                                                                      でも、最高速は100キロどまりの予感です。と言うのは最高速付近の回転がMRF製マフラーで9000回転以上だからです。

                                                                                                                                                                      しかし、発進からクイックでタイヤが空転するほどです。(わざと)
                                                                                                                                                                      今は235/30-12のタイヤですが15インチ扁平で最高速仕様なんてのもアリかも知れません(^0^♪

                                                                                                                                                                      更新前に確認すると、同じオークションIDで再出品されていてコメントは訂正されていまさいた。
                                                                                                                                                                      http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e100400822
                                                                                                                                                                      開始日時 : 6月 21日 2時 3分
                                                                                                                                                                      終了日時 : 6月 26日 21時 45分


                                                                                                                                                                      まぁ〜折角時間掛けて書いたしこのまま更新しよっと・・。


                                                                                                                                                                      ワコーズ オイル or カストロール オイル

                                                                                                                                                                      0
                                                                                                                                                                        2サイクルオイルの特性とマロッシ68との相性


                                                                                                                                                                        先日の?の不具合の続きです。

                                                                                                                                                                        プラグが真っ黒で被った状態でピストン天辺も真っ黒!
                                                                                                                                                                        あんなに快適走行してた?がなんで・・。
                                                                                                                                                                        悩んでも仕方ないので、自分を疑います。
                                                                                                                                                                        点火はウオタニコイルにして変化をみました。
                                                                                                                                                                        MJは上下に振って変化を見ました。
                                                                                                                                                                        0.5ミリ分圧縮を変化させてみました。
                                                                                                                                                                        これでも良くならないので、シリンダーの削り代に着目し、特に今までと代わりがないことを確かめます。でも確実な線で確かめる必要があるので新品のダイマロを用意し走行しましたが、これでもダメ(>_<)
                                                                                                                                                                        9gx6のローラーを8.5gx6に変更しましたが特に良い方向に成りません。
                                                                                                                                                                        その都度プラグの焼け具合のチェックをしますが、良い焼けにはなりません。
                                                                                                                                                                        最終、オイルに着目しましたね!
                                                                                                                                                                        使用オイルを確かめるとワコーズオイルでして、それは高級オイルで疑う余地はないでしょう。
                                                                                                                                                                        しかし、確かめないと結果がでません!

                                                                                                                                                                        思い切ってモトリペアが推奨するカストロTTSレーシングに入れ替えです。
                                                                                                                                                                        フィードホースからジョッキに抜きますが、そのオイルは硬い硬いので1L抜くのに30分掛かりました。エキパイを外して、オイルポンプを外し、ポンプ内のオイルも抜きとります。キャブに行くパスパイプも旧オイルが残らないように外し洗浄、抜き取り作業が終わればカストロを注油して、オイルラインのエア抜きと充填作業で、確実に潤滑系統が作動する事を慎重に確認します。エアの混入で焼けたなんてマッピラですからねっ!

                                                                                                                                                                        オイル交換直後の試走で、すぐに変化を感じました。 
                                                                                                                                                                        でも半信半疑でしょ?
                                                                                                                                                                        そう思いませんか、皆さん。
                                                                                                                                                                        だって、ワコーズのオイルですよ。
                                                                                                                                                                        安物のスクターオイル特価460円じゃないんですよコレガッ!。!

                                                                                                                                                                        点検の為交換した部品がそのまま付いていては焦点がぼやけます。
                                                                                                                                                                        ですから、納車時と同じに全て戻しました。

                                                                                                                                                                        これで元の状態です。数キロ走って元の快適走行にならなければ、”トライアゲン”と成ってしまいますし、ここまでで既に10時間ぐらいはつぶれていますので、1週間も片付かない事になるかも?と予感すると精神的経済的にも相当痛手ですから、”タバコスイテェ〜”とPekoにも同情してもらう為に”わめきましたっ☆”☆

                                                                                                                                                                        試走第1週目です。
                                                                                                                                                                        極端に戻った感じはありませんが、距離を走るごとに加速感がよくなってきます。信号での停車時、アイドリングも安定していますし、アクセルの追従も、排気音も軽快感がましていきます。祈る思いで試走を続けます。

                                                                                                                                                                        工場に戻りプラグのチェック!黒キツネに変化あり(^○^)
                                                                                                                                                                        ピストントップは白い目なので、プラス5番のMJに・・。

                                                                                                                                                                          
                                                                                                                                                                        左オイル交換後の焼け具合(テスト用古プラグ)     右入庫直後のプラグ  

                                                                                                                                                                        2週目は、全開加速で軽快感のテェックと最高速の比較!
                                                                                                                                                                        3週目、これこれ、この走り!静かで、軽快、十分な走りです\(^o^)/

                                                                                                                                                                        と、なると・・。
                                                                                                                                                                           走り不良になった原因は・・・
                                                                                                                                                                            明らかにオイル


                                                                                                                                                                        まっ!オイル代2本分と最低でも、頑張った分の代償は頂けると安心感で、タバコは我慢する事ができましたヽ(^。^)ノ

                                                                                                                                                                        HORIKAWA的帳尻合わせです。

                                                                                                                                                                        改造範囲が多かった旧エンジンユニットを降ろし、新品部品多様で組み立てた新規ユニットを積み込んだけど、オイルは既に高級オイル使用だと聞いていたので(思い出したらワコーズだった)最初から交換不要だと考えオイルラインはエア抜きの感じで作業する。しかし試走当初はオイルラインのオイル充填はカストロTTSの入った油さしでしてるもんで、試走の間カストロで走っていたことになるから調子が良かった。納車直前のエアクリの変更で走りをチェックしMJの変更を繰り返しするが、上下に振っって良いとするが、その走りに少し違和感を感じるが、エアクリの変更による物と解釈納車となるが、お客さんが使い始めた頃、オイルラインは油指しでさされたカストロからワコーズに変わりはじめ、それは引火点が高いオイル特性によることが切っ掛けとなり高速運転時にプラグの失火が始りだす、やがてどんどんその状態が続きアイドリングから吹き上がらない状態になるぐらいカーボンの堆積が続いた・・。です。

                                                                                                                                                                        ”こんななりましたえ〜”

                                                                                                                                                                        逆にオイル全部がワコーズだったとしたら、プラグの焼けはMJを下げてもさげても焼けない走らない点火時期を進めても、圧縮を上げても良くならないといつもどおりにくみ上げてるのになぜなんだと今も頭を抱えてる事でしょう(@_@)

                                                                                                                                                                        マロッシを積んだのに走りが悪いとお嘆きの貴方!
                                                                                                                                                                        そんな心当たりはないでしょうか?

                                                                                                                                                                        前にHORIKAWAが言ってた
                                                                                                                                                                        ”高いオイルは高級で安心できるからお勧めします”
                                                                                                                                                                        その事は今回の事件で撤回します。
                                                                                                                                                                        安いオイルでもあなたのニーズとエンジンとの相性が良いオイルを選んでください(^0^)v



                                                                                                                                                                        この?もう一つの不具合は、パーキングが甘く”カタカタ滑りロックしない”です。
                                                                                                                                                                        エンジンを積み替えても、この部分は変化しないが正解ですので入庫前から同じ状態でロックが甘かったと先入観もあってので、通常のロックアジャストで良い方向にもならないのを確かめ納めましたが、ユーザーさんは”確かにロックしていたので直してください”です。

                                                                                                                                                                        ロンスイプレートが装着されていた為、その部分”ワイヤーのロング化”は作り手さんの個性の作業が現れています。

                                                                                                                                                                             

                                                                                                                                                                        なんらかで後ろの長さが変化した様子のジョイント部分

                                                                                                                                                                        HORIKAWAの場合は、生のインナーワイヤーとアイター、元のワイヤーの改造などでそれぞれに合った対応をしますから、この作り手さんの作業がどんな風にしてるのかを探る所からと成るわけですが、この部分当然追加の料金が発生するぶぶんですので、予めユーザーさんの了解を得る事とします。
                                                                                                                                                                        それと、不具合の原因がオイルの相性であった事と、有償に成る事も説明しなければなりません。

                                                                                                                                                                        連絡し、オイルが原因だったこと、
                                                                                                                                                                         パーキングは有料に成る事でそのやり方を相談する事としますが・・。

                                                                                                                                                                        オイルが原因だと?????理解できません
                                                                                                                                                                        両方の作業が有料?納得できません

                                                                                                                                                                        あららららぁ〜きたぁ〜てな感じです。

                                                                                                                                                                        それよりも、オイルだったことを納得してもらう為には、乗ってもらって納車直前の走りと比較で、元の走りである事を確かめてもらうしかありません。
                                                                                                                                                                        それぞれのことは、その時に説明するとして、来店を願いました。

                                                                                                                                                                        早々ご来店くださったオーナーさんに、それぞれ技術的なことを説明すると、角度を変え、補足の説明を加えするとようやく、解ってくれる方向になりました。しかし有料になる事は認めてもらえません(>_<)
                                                                                                                                                                        理由は、全ての作業を店に任せ支払いはキッチリ済ませたので、それらの事は含まれている事が当然だから支払う義務がないとの主張です。

                                                                                                                                                                        こちらとしては、セクションの違いや当たりまえの観点でやったことがうらめになり、あえてワコーズのオイルをカストロに強制的に換えることの無意味さや、セクション違いのロックワイヤーの修理であることを再三解ってもらおうと努力しましたが、やはり空回りの状態です。
                                                                                                                                                                        これが、プロショップの信用に関わる我慢なんでしょうか?

                                                                                                                                                                        兎も角試走してもらう事に・・・
                                                                                                                                                                        戻られて、”大丈夫でしょ、最初の試乗での快適だったといってくれた感じと同じだったでしょ”と尋ねるとすぐさま”良いよ”の返答が(^^)v。

                                                                                                                                                                        しかしなんとか良金をの、返答はNG

                                                                                                                                                                        店側の言い分
                                                                                                                                                                        依頼者側の意見
                                                                                                                                                                        賛否両論当然あります

                                                                                                                                                                        皆さんの意見はどうでしょう?
                                                                                                                                                                        やはり、店側として請求は不当だと考えるべきでしょうか?

                                                                                                                                                                        匿名で意見チョーダイナ
                                                                                                                                                                          ダイナのような”つよ〜い”意見待ってま〜す(^0^ゞ

                                                                                                                                                                        これが昨日今日、ほとんど2日嵌まってしまいました。
                                                                                                                                                                        ずれ込んでる用事にプレッシャーを感じ焦り気味です(@_@)

                                                                                                                                                                        それと今日来てくれたお客さん!こんな事にあったんで初対面ジャイロ整備恐怖症症候群でその依頼受けられなくてすいません。

                                                                                                                                                                        もう一グループで早い時間にモトリペアを覗いてくれた方々へは、そんなこんなで今日約束のボーグのシールド交換が迫ってたもんで、通常日曜6時出勤を早め2時出勤したので、お会いできたんだけどおあいそなくてスイマセンでしたっm(__)mまたゆっくりのときは宜しくです(^^ゞ

                                                                                                                                                                         ガァ〜 タバコスイテェ〜
                                                                                                                                                                           まだ5日目


                                                                                                                                                                        オイルの参考資料  
                                                                                                                                                                         
                                                                                                                                                                        2サイクルオイル データ表  皆さんも使わせていただきましょう(感謝)

                                                                                                                                                                        良し悪しでなく、オイルも色んな角度で見ると、エンジンとの相性や使われ方が解ってきそうでしょ!

                                                                                                                                                                        例えば引火点、数値が低い程燃えやすいって事だから
                                                                                                                                                                        このオイルにしたらレスポンスがいいよっ☆って繋がるかも?。?

                                                                                                                                                                        例えば動粘度、その温度でも粘度がバッチリだから油脂分が保てるから安心だとか、数値が低いから流動抵抗損失が少ないから最高回転が良いぞっ☆って繋がるかも?。?

                                                                                                                                                                        ヤマハオイルって良いという話?。?
                                                                                                                                                                        ワコーズで安全焼きつかせない対策?。?

                                                                                                                                                                        モトリペアがカストロTTSを推奨する理由

                                                                                                                                                                         手に入りやすい
                                                                                                                                                                         商品性能が安定いてると思える
                                                                                                                                                                         0.5Lボトルなので使い切れるし、一回の負担が少ない
                                                                                                                                                                         ほかの高級オイルと比べても、焼きつきが早かったことがない
                                                                                                                                                                         ジャイロで相性が良いと思えた
                                                                                                                                                                        などかな!
                                                                                                                                                                         普通に安心して使えるから良いと思うよ
                                                                                                                                                                          この表の数値からも、良いランクにあると思えたよっ☆

                                                                                                                                                                        今回の、ワコーズの場合
                                                                                                                                                                         WAKO'S V2Rが分離混合兼用

                                                                                                                                                                        数値から、ハイパワーで250ccクラスで流動損失って物ともしないパワーで、高圧縮水冷エンジンに向いてそうな感じがしないかい?。?

                                                                                                                                                                        あぁ〜あ
                                                                                                                                                                            (^。^)y-.。o○ITE!
                                                                                                                                                                         





                                                                                                                                                                        トライクの修理

                                                                                                                                                                        0
                                                                                                                                                                          今日は爽やかなお天気で体も気分も良かったHORIKAWAです。先週の土曜日なんてまるで冬!霜焼けになりそうなモトリペアの工場でした。メールを貰った方が信州の方でして雪が積もったとのことでしたが、ダイマロに交換のため寒さなんぞは何のその・・。実用に遊びにモトリペアの部品を使っていただけて大変嬉しいですヽ(^。^)ノ

                                                                                                                                                                          その日は寒かったものの、春の訪れで修理の入庫がちょっと増えた工場です。

                                                                                                                                                                          その1台はシンユー ボーグ!キュービック トライカー SL150とは兄弟親戚そんな関係ですが、親友で無い事は確かです。
                                                                                                                                                                          エンジンの始動が困難で入庫しましたが、転倒暦もあるこの車体のステム、フォークは曲がっていますのでそれも修理する事に・・。ジャッキで前を浮かせますがステムが凄く重い!プレロードを測ってみました(@。@)

                                                                                                                                                                               

                                                                                                                                                                          フォークが曲がる前からこの重さだとすれば、相当乗り辛いものだったでしょう。

                                                                                                                                                                          ステムトップベアリングは日本製ではない様子!でしかも馬鹿締めのステアリングヘッドナット!!!!

                                                                                                                                                                               

                                                                                                                                                                          ジャッキアップの時アンダーカバーを外してすぐに気がついたことは、ブレーキワイヤーのラインが合っていない事、ファーストワイヤーの遊びが多いこと。
                                                                                                                                                                            
                                                                                                                                                                               

                                                                                                                                                                          その2つの事は大きく効きに影響のある部分!殆どリアブレーキはきかなっかたはずだ(@_@)
                                                                                                                                                                          モトリペアのキュービックではありえないことですが、安いを売り物にしてる商品ですが、これではシンユーの信用はがた落ちです。(たしか正規輸入車は60箇所の改良がされてたはず?リアブレーキスイッチもチャイナだよ!ゴムホースもいまだに中国製!
                                                                                                                                                                          その60箇所は、HORIKAWAが改善箇所をリストアップしてキュービックにレポート提出、それをキュービックの社長がシンユー社に改善レポートとして提出、その直後に正規店の販売説明に謳われたのが60事項でした)
                                                                                                                                                                          HORIKAWAの職人魂を入れるとチョイ悪おやじも怒られずに動いて止まるシンユーなんですけどねっ☆

                                                                                                                                                                          職人魂でエンジンを組み立てた?をユーザーさんに試運転してもらいました。戻ってきた直後の台詞は・・
                                                                                                                                                                          ”お婆さんは見向きもせず、私はお婆さんを見たのはほんの瞬間でした”
                                                                                                                                                                          なんてのは冗談ですが、
                                                                                                                                                                          ”十分速いし静かで気に入りましたが、光ってるパワフィルにかえられませんか?”
                                                                                                                                                                          でした\(^o^)/

                                                                                                                                                                               

                                                                                                                                                                          バッテリーカバーには、大きなモトリペアのエロースカルに張替えましたっ☆                         
                                                                                                                                                                          イエロースカルだよ(^^)v)

                                                                                                                                                                               

                                                                                                                                                                          エキパイは、MRFエキパイ24Φロングをチョイスっ☆
                                                                                                                                                                          エンジンはバフdeピカピカ☆ワイヤー廻りもグッジョブっ☆

                                                                                                                                                                               

                                                                                                                                                                          ところで、これに載ってたエンジンユニットはオークションに出品していまして、http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g90156457最終121000円の高額で落札していただきました\(^o^)/が・・。しかし^^;落札者さんと連絡が1度も取れていません。ナビにも数回。掲示板にも数回。連絡を取ってもらえるよう努力していますが一様期限内には連絡がありませんでした^^;
                                                                                                                                                                          明日でも、連絡が来てる事を願っています。

                                                                                                                                                                          オークションで思い出しました。エンジンユニットの終了時間の前に起こった出来事は・・。
                                                                                                                                                                          出品商品全てに”違反申告”の嵐です。
                                                                                                                                                                          久しぶりに忙しくお仕事到来の気配です\(^o^)/

                                                                                                                                                                          が・・。”違反申告”の嵐のあとの”ユニット入札”
                                                                                                                                                                          なにか関連があるんでしょうかっ?。?

                                                                                                                                                                          それはそれとしておいて置いてっと・・。
                                                                                                                                                                          マロッシのスペシャルクリアランスは1っ個はオークションで、1ッ個は店頭で買っていただきました。
                                                                                                                                                                          店頭にこられたお客さんには、使用感聞かせてと頼んでおきました。
                                                                                                                                                                          オークションでお買い上げのお客様も是非使用感きかせてくださいねっ☆

                                                                                                                                                                          その”スペシャルクリアランスマロ”は1/100ミリ〜2/100ミリクリアランスを狭めた商品でピストンの打音が出ないものとしています。
                                                                                                                                                                          ダイマロに変更してくださったお客さんの質問で
                                                                                                                                                                          ”カタカタ音がでるんですが・・”と
                                                                                                                                                                          ダイマロに限らず焼けつきリスクを低くする為かかどうかはしりませんが、
                                                                                                                                                                          最近の傾向なのか比較的クリアランスが大きい方向の設定のようでピストンの打音は仕方ない様子です。
                                                                                                                                                                          私もその音が気になり分解して確かめますが、全くキズなし正常が全てでした。気になる場合は潤滑状態を確かめることができますので、分解点検はしてみてください。確認することで安心できますよっ(^。^)v
                                                                                                                                                                          また、簡易点検なら
                                                                                                                                                                          回転が上昇する時は鳴らない<アイドリング時と回転が下がる時に鳴り易い
                                                                                                                                                                          =正常
                                                                                                                                                                          回転が上昇する時にも鳴る><アイドリング時と回転が下がる時にも鳴る=異常
                                                                                                                                                                          大凡の判断が出来るはずです。音の聞き分けしてみてください。

                                                                                                                                                                          そんなこんなで、スペシャルクリアランスマロが登場しました。
                                                                                                                                                                          こちらの方も検討してくださいねっ(^0^)v


                                                                                                                                                                          ”ユニット”すっぽんかまされたらいややなぁ〜^。^;



                                                                                                                                                                          スタミナ

                                                                                                                                                                          0
                                                                                                                                                                            自動車屋さんに勤めていた頃の一軒は民間車検工場でして、そこは軽から4tトラックまで入庫していました。主に車検整備、クイック、クーラー付けや4tの整備なんてのもありまして、新車もドンドン売れる時代で仕事量は一人の能力を超えます。まだ20歳代のHORIKAWAでしたし、やる気もバリバリ!所詮いくら頑張っても給料に繁栄されることは些細な量でした。4tのクラッチ交換を終業時間にも関わらず、工場長から指名され”デートの約束までに”とセッセとこなしたもんです。あれから30年!さすがにタタタ”体力がぁ〜”カレー臭どころではありません^^;先日お客さんから2箱も元気をいただきましたっヽ(^。^)ノ

                                                                                                                                                                                 

                                                                                                                                                                            昼間の疲れもなんのその、今日も寝るまでがんばんべ\(^o^)/

                                                                                                                                                                            先日の?不動の理由が解らず気持悪い思いで、床につきました。
                                                                                                                                                                            目をつむっても、頭がクリクリ・・。
                                                                                                                                                                            翌朝、一人部屋で座ってるとき、閃きました!
                                                                                                                                                                            圧縮8キロで正常なのか?
                                                                                                                                                                            トヨタサーキットで一緒だったシンコーさんの?はダントツの加速でしたから、そこに焦点を・・。圧縮8キロであるはずがない?10キロ以上が正常値?
                                                                                                                                                                            そこで、エンジンを分解する事にしました。
                                                                                                                                                                            ちょっと、ほどき辛いエキパイボルトと格闘?

                                                                                                                                                                                 

                                                                                                                                                                            ビンゴ!

                                                                                                                                                                                 

                                                                                                                                                                                 

                                                                                                                                                                            シリンダーはアルミ製のセンターリブタイプで、流石11000回転以上回るはずだ!しかも凄いのはクランクも違うものなのか?コンロッドの入れ替えなのか?クランクケースもそのシリンダーをつける為に土台を作ってあったり、吸気がスムーズなようにケースをけずってあったり、ピストンには潤滑用の穴が数個あけてあったり・・。相当研究されて組み立てた様子が解りました。その製作工程と部品代とで想像すると、かなりの金額のエンジンだと思いました。
                                                                                                                                                                            速さの証明でモトリペアも数年前にss1/32マイルレースにパッソルdeトライクで参戦し4.8秒を出しましたが、それが最初で最後でもっぱらストリートユースでトライ&トライしています。
                                                                                                                                                                            ”負け惜しみ”とも言うかもしれませんねっ(*^。^*)

                                                                                                                                                                            クランクの違いや色んな部分で、すんなりモトリペア仕様に出来ないので、幾つかの方向性をユーザーさんにお伝えして相談しました。

                                                                                                                                                                            鳴かすには、最低シリンダーキットが必要だし・・。
                                                                                                                                                                            乗ってみたいよぉ〜(^。^)

                                                                                                                                                                            話は変わって、トヨタのリコール問題で、国土交通省のテスト結果が出たようです。設計、製品とも良好で全て無問題だったそうです。詳しくはニュースを探してみてくださいね。
                                                                                                                                                                            あ〜良かった\(^o^)/
                                                                                                                                                                            暴走の原因はなんでしょ?
                                                                                                                                                                            ブレーキが利かない事件は、HORIKAWA的には乗り手の自動車の順応能力の錯覚かと・・?眩しすぎるヘッドライトやテールライト!足チョンで効くブレーキ!あかちゃんでも回せるハンドル?やたらと過剰な製品の反作用ではないのか?と思う今日この頃です。

                                                                                                                                                                            他のニュースで感動したのが、ヨシの有効活用!栃木の(だったかな)高校生が考えたヨシの堆肥で、減りつつあるアジサイの復活作戦!山焼きの際、背の高いヨシを先に生徒たちが刈り取り、二酸化炭素削減と一石二鳥を実行中なんだって・・。凄いじゃないですか。
                                                                                                                                                                            村の人達と活動してるんだってヽ(^。^)ノ

                                                                                                                                                                            そんなで、ニュースを見ていると
                                                                                                                                                                            ”テリー伊藤の焼き飯の穴”
                                                                                                                                                                            ヤフー動画でみてちょ、爆笑ですよこれ(^0^)


                                                                                                                                                                            180はルックス変更格闘中!
                                                                                                                                                                            スタミナドリンク飲んでガンバロっと\(^o^)/


                                                                                                                                                                            究極のマロッシ5

                                                                                                                                                                            0
                                                                                                                                                                              さっぶい寒い日の後はぬっくい温い、その後はジメジメの雨。
                                                                                                                                                                              霜焼けの足は痒いに加え痛いも参加!
                                                                                                                                                                              そしてその見た目は一回り大きく育っきたこの頃です^^;

                                                                                                                                                                              今日は建国記念日で祝日でしたねっ☆
                                                                                                                                                                              皆さんはジャイロいじってましたか?
                                                                                                                                                                              弄るときの部品調達はモトリペアでねっ(^0^ゞ
                                                                                                                                                                              このブログを閲覧くださってる人々は勿論ですよねっ☆
                                                                                                                                                                              買うんだったら♪モトリペア♪ハぁ〜イはいっ(^。^♪

                                                                                                                                                                              ところでHORIKAWAは合体ピアジオを片付けないと・・。とやっつける事にしました。

                                                                                                                                                                              前回悩んだエンジンのマウント方法もピッッカ〜ンと閃きセッセと実行に掛かります。

                                                                                                                                                                              150ccで更に振動がきつく出ると思いますから135フレア君と同じ様にフローティングタイプにします。

                                                                                                                                                                              しかし行き詰ったのがエキパイとサポートの関係!
                                                                                                                                                                              スイングシャフトはオフセットされてるキャノピーのを選択しましたが、長さがある為エキパイの取り回しが困難^^;
                                                                                                                                                                              そこで、アップの方法を採用する事にして工作を始めます。
                                                                                                                                                                              材料は持ってる鋼材で・・測定 切断 穴あけ 溶接 仮組みを繰る返し。
                                                                                                                                                                              溶接は熱歪がでますから、大変です。
                                                                                                                                                                              無造作に四角い枠作りでくっ付けた時のこと、出来上がったのは3次元の四角!
                                                                                                                                                                              トーチで熱せられ溶接完了!完璧!の後に来るのが冷める時の縮みです^^;

                                                                                                                                                                              軽く強く、ラジエターの補器も付け易そうをイメージして作成。

                                                                                                                                                                              スイングを取り付けてねじってみましたがいけましたっ☆

                                                                                                                                                                              となると、次は裏返してエキパイの接続・・。
                                                                                                                                                                              取り回しも美味くでき、マフラーをと思いますが”じゃまくさ”です。
                                                                                                                                                                              おや〜ん?!倉庫に却下されたマフラーがっ・・。
                                                                                                                                                                              ありんした!
                                                                                                                                                                              ”これこれ”と手に取り♪コンコン♪鈍い音です。
                                                                                                                                                                              鉄板が分厚い?。?
                                                                                                                                                                              ”このへんか?”と切断”おぉ〜パンチング入りじゃ〜”ヽ(^。^)ノ
                                                                                                                                                                              で、今日はここまで出来ました。

                                                                                                                                                                                 


                                                                                                                                                                              日本もカスタムショップが増え、腕利きのビルダーさんがドンドン増えてきています。そして技センスで仕上がりは超COOLです。
                                                                                                                                                                              人の技って刺激になりますねっ☆
                                                                                                                                                                              工具も機械も手に入れやすくなったこの時代って恵まれてます。
                                                                                                                                                                              イメージを形にするって、楽しいです。
                                                                                                                                                                              まさに、♪オンリーワン♪

                                                                                                                                                                              ☆HARDCORE CHOPPER☆誌に カスタムバイクショップ M&F Cubyのカビィさんの力作が掲載されていますよっ☆
                                                                                                                                                                              斬新なスタイルで超COOLですヽ(^。^)ノ

                                                                                                                                                                                  

                                                                                                                                                                              オートバイかぁ〜
                                                                                                                                                                               またHORIKAWAも想像してみよっと(^。^♪

                                                                                                                                                                              また気になった全国のカスタム紹介しますねっ☆


                                                                                                                                                                              記事のタイトル

                                                                                                                                                                              0
                                                                                                                                                                                MRFカーボンバルブ
                                                                                                                                                                                カスタム ジャイロ キャノピー
                                                                                                                                                                                MRF68Sマフラー音量測定
                                                                                                                                                                                ”三輪の自動車の区分の見直し”
                                                                                                                                                                                マロッシー68クランクピストンベアリング
                                                                                                                                                                                正規マロッシー イタリア製 台湾製
                                                                                                                                                                                4stジャイロ二輪ではない屋根付き三輪の魅力
                                                                                                                                                                                ジャイロ スペーサー ホイール
                                                                                                                                                                                ボアアップ マロッシ ジャイロ 薄型リング
                                                                                                                                                                                マロッシの基本組み付け
                                                                                                                                                                                ASアルミボアアップキット
                                                                                                                                                                                ジャイロ マロッシとハイギア
                                                                                                                                                                                バンバン シリーズ ハンドブック
                                                                                                                                                                                鋳鉄ローター
                                                                                                                                                                                クイズ
                                                                                                                                                                                マロッシ68にも相性が良いハイギアの予約案内
                                                                                                                                                                                ハイギアの組み換え(ジャイロdeマロッシ
                                                                                                                                                                                参考資料 ジャイロキャノピーホイールとタイヤ
                                                                                                                                                                                モトリペアのスペーサはなぜ62ミリと半端なのか?
                                                                                                                                                                                燃料とオイルの混合率
                                                                                                                                                                                慣らし運転
                                                                                                                                                                                キャノピーのスクリーン
                                                                                                                                                                                ピストン
                                                                                                                                                                                オイルポンプ
                                                                                                                                                                                ジャイロ マロッシ ハイギアと超ハイギア予約特価
                                                                                                                                                                                Q&Aマロッシ68ボアアップキットについて
                                                                                                                                                                                マロッシ センタープラグヘッド
                                                                                                                                                                                まんが
                                                                                                                                                                                ATVとメイメイ
                                                                                                                                                                                フェンダーっていくらしますか?
                                                                                                                                                                                ヤフーオークション
                                                                                                                                                                                ボアアップ マロッシ ジャイロ 薄型リングC
                                                                                                                                                                                MRFエキパイとMRFマフラー68ノーマルタイプ
                                                                                                                                                                                ASウオタニイグニッションコイル1
                                                                                                                                                                                ASウオタニイグニッションコイル2
                                                                                                                                                                                ASウオタニイグニッションコイル3
                                                                                                                                                                                ASウオタニイグニッションコイル4
                                                                                                                                                                                キャノピー君の北の国旅行
                                                                                                                                                                                ASウオタニイグニッションコイル5


                                                                                                                                                                                MRFエキパイとMRFマフラー68ノーマルタイプ

                                                                                                                                                                                0
                                                                                                                                                                                  こんな嬉しいメールを頂ましたっ☆
                                                                                                                                                                                  初めはMRFエキパイです。

                                                                                                                                                                                  モトリペアのMRF商品は、私の感性で造っています。
                                                                                                                                                                                  しかし、感性の違いで万人好みに出来るはずもありません。
                                                                                                                                                                                  例えば、錆びないステンレス製で造ると確かに綺麗ですし、錆びないこともあり魅力的でもあります。ステンレスの曲げパイプはコストが高いとか、音質が感高いこともあるので、鉄でコストを抑え音質も鈍い音色を選びます。
                                                                                                                                                                                  加工のし易さと、納得の性能で形を決め治具製作で同じ物を造れる様に努力します。製作者は私自身ですので、お客さんに渡ってから、”本当に喜んでもらってるのかっ!”?がとっても気になるところです。
                                                                                                                                                                                  パワーバンド内でセッティングしてもらってるのだろうか?
                                                                                                                                                                                  取り付け具合はどうだろうと・・。
                                                                                                                                                                                  最初の5本ぐらいは、実車で全て確かめるんですよっ。

                                                                                                                                                                                  こないだ、ネットショップモトリペアの問い合わせから質問がきました。
                                                                                                                                                                                  ”MRFエキパイを付けたところ、感触が良かったので次はMRFマフラー68ノーマルタイプを検討しています。音量や性能はどうでしょうか”といったところでした。
                                                                                                                                                                                  このブログにも記載している通りの説明で、”音量も性能も控えめですが、テストの結果がノーマル比較で良い方向になっていますので販売しています。”と答えを送信しました。

                                                                                                                                                                                  早速のお返事で、付けたいとの返事を頂いて・・。
                                                                                                                                                                                  早速MRFマフラー68ノーマルタイプ送る事になったのです。

                                                                                                                                                                                  先に述べたように、チョット不安もありますが良い方向になれば・・。
                                                                                                                                                                                  と期待を膨らませています。

                                                                                                                                                                                       ツ〜ビ〜コンティニュ〜(^。^)

                                                                                                                                                                                  おでんビールビールビールビールビールビールビールビールビールビールビールビールビールビールビールビールビールビールビールビールビールビールビールビール熱燗ビールビールビールビールビールビールおでん熱燗

                                                                                                                                                                                  その後MRFマフラー68ノーマルタイプ付けてみましたとメールが届きます。
                                                                                                                                                                                  まぁ〜活字が一杯で緊張すます。内容はこうでした。

                                                                                                                                                                                  数あるジャイロ用マフラーの情報をネットで探し、時にはショップさんに電話したりもしました。モトリペアのマフラーはエキパイ共で高価で、はずれも嫌ですのでまずはMRFエキパイからでした。問い合わせ後マフラーを送ってもらい取り付けた感想です。
                                                                                                                                                                                  私の町は昼間と夜間では環境が違う田舎です。夜間は鈴虫などの鳴き声ぐらいしか聞こえないほど静まり、その中を走るのですからキャノピーの音には大変気を使っていました。取り付け後の今朝は違いました。いつもなら発進は少し足をけぐりアクセルを微調整しながら動きだしていましたが、す〜と走りだします(少し大袈裟かな?)気持ちとしてはそれぐらい違います。スピードとエンジン音の感触も良くスピードの上がりも良い感じです。”家族からも静かになったね”と言ってもらえたことも嬉しい気分です。エンジン始動は軽く、排気音も軽く聞こえます。加速は早いと言うより軽く加速していきます。最高速は以前75キロで、MRFマフラー装着後も現段階で余り変わりは無いようですがスピードに乗るのは早いです。驚いたことは登り坂でもドンドン加速し、どんなにセッティングしようが変わらなかった50キロの壁を軽く突破し60キロまで伸びた事です。

                                                                                                                                                                                        ツ〜ビ〜コンティニュ〜(^。^)

                                                                                                                                                                                           ビールビールビール

                                                                                                                                                                                  先日このお客さんから追伸を頂いています。続報と質問が書かれていました。
                                                                                                                                                                                  今晩更新する予定でしたが、さっきまで来客!私のパワーダウンで後日書きますので覗いてくださいねっ☆

                                                                                                                                                                                          ラッキー モグモグ ムニョムニョ ポロリ てれちゃう

                                                                                                                                                                                           続きです

                                                                                                                                                                                  Q:駆動系が上手く同調しません。WRを軽くすると高速が伸びず、重くすると加速がだるいです。

                                                                                                                                                                                  A:今回の流れからこんな感じではないでしょうか?
                                                                                                                                                                                  エキパイを換え、マフラーを換えた時は(ほとんどまったく)ポン付けでも性能が上がりました。そこでもっと走る様にしようと再セッティングでWR軽く逆に重くしたのですが・・・と続くのですね。

                                                                                                                                                                                  一般的な情報から性能アップさせるのに WRは軽くしたいところですね。
                                                                                                                                                                                  私なりのセッティングの考え方で説明しておきます。
                                                                                                                                                                                  変速域を前半と後半に分けて考えます。
                                                                                                                                                                                  まず、WRを軽くしてみたところ、加速感が良くなった!
                                                                                                                                                                                  これは、パワーバンドの回転に上手く同調したと考えられます。
                                                                                                                                                                                  以前は重いWRでしたので、前半の変速が早過ぎた為パワー発生回転以下で加速する事になっていたので加速力が低かった。{(軽くしたら性能アップした)ここまでが前半”1速”45キロ〜50キロの領域}

                                                                                                                                                                                  Q:上の状態からさらに加速しますが、下り坂を走っても回転は上がりますが、スピードがのびません。

                                                                                                                                                                                  A:前半”1速”45キロ〜50キロの領域を超え、後半”2速”の領域に入り変速していくと考えます。
                                                                                                                                                                                  50キロを超え68キロ69キロ、初めよりスピードが上がらないのに回転は上がってる理由は、WRが軽すぎてセンタースプリングやトルクカム角度の反力に負け最後まで変速しないからです。(5速ミッション車で3速全開で最高速にチャレンジしたと同じだと考えられたでしょ)

                                                                                                                                                                                              温泉

                                                                                                                                                                                  お風呂に入ってから、みんなの農園に行き農作業して、さて続きです☆

                                                                                                                                                                                  軽くしてだめなら、元のWRより重くして確かめますよね。
                                                                                                                                                                                  出足はもっとだるく、でも高速域で伸び悩むかっと思ったら、土壇場からエンジン音が軽くなったようすで69・70・71・72と速度が上がり回転も同じ様に上がって最高回転に達した様子だ。でも登りではかなり不満が残った!
                                                                                                                                                                                  この高速の伸び経験された方も多いはずです。プーリーは最後まで広がり、ドリブンも最後まで動ききったんですねっ。エンジンの回転力は、駆動系に力を食われずタイヤを回す回転力に変わったからエンジンは回るとこまで回り最高速度が伸びた!こんなイメージだと思います。登りはさすがに変速が早くエンジンに力がないので4速で急坂を登るのと同じだったんです。

                                                                                                                                                                                  ”じゃどうすりゃいいんだよ!”

                                                                                                                                                                                  "やじりたい""答えだけが欲しい"そんな人はもっとよく知っておられるかたのもっと解りやすく説明できる賢い人のブログやホームページに移動してくださいねっ。私は職人として30年この仕事をしていますが、人様に教えられる説明力も活字力もありませんし、先生をするつもりは全くありません。
                                                                                                                                                                                  すこしでも、ヒントになればと時間を使っていますのでおおらかな気持で見て行ってくださいね(^。^ゞ

                                                                                                                                                                                     ケーキホットコーヒーちょっと休憩です

                                                                                                                                                                                  今度はトルクカムの動きの説明です。
                                                                                                                                                                                  なぜ角度がついてるのかっ?
                                                                                                                                                                                  昔ベルトドライブのスクータが出た当時は、エンジン側(前)可変しません。ドライブ側(後)可変しません。結える単側だったんです。
                                                                                                                                                                                  その後、今のWR式可変プーリーと可変ドリブン式になったんですが、トルクカムの溝は直角の直線だったんです。この方式はセンタースプリングの反力のみで変速しますので、Vベルトの食い込みは前のプーリーの広がりによるものと、センスプの反力とでベルトのスリップを防ぎます。しかし高性能エンジンでその力だけでは、スリップを防ぐ事が出来なかったのだと思います。(HORIKAWA論)しかしその構造でトルクカムに角度をつけると、ドリブンプーリー内側と外側とで回転差が出る事を利用し、ベルト圧着力を高められスリップし難くなったのだとおもいます。ヤマハやスズキは斜め直線の仕様が多いかったんだと記憶しますが、本田は斜めと直角との合成(への字型)です。スプリングは縮むごとに比例して荷重が増します。ドリブンに納められたセンスプは低速(発進時)はベルトが滑らないように強く有るべきですね。それは前プーリーのベルトの円が小さいですから接触面積が少ないことからも理解できますね。変速が後半になってきますと、先でのべたセンスプの反力が増大してくる事と、カム角度による抵抗とがかさなってより強い力でドリブンを押し広げなくてはなりません。そこでカムの抵抗をへらすために、直角にしますと後半も前半同様ぐらいの力でドリブンプーリを拡げられることになり、しかもその広げるちからはエンジンの負荷の軽減にもつながります。
                                                                                                                                                                                  例えです。自動車に10Φのロープを付け、何人もで引っ張りますと自動車が転がる荷重になればロープは切れることなく自動車を引き転がす事ができます。では戦車を同じロープを使って何人も何人も動くまで引っ張ります。ところが戦車はびくともせず、パチンとロープが切れてしまいました。
                                                                                                                                                                                  チョットヒントになりませんか?ロープはVベルト、トルクカムとセンスプの広がり荷重が戦車と見立てたのです。いわえるベルトのハイテンションって言うやつです。
                                                                                                                                                                                  ですから、やたらめったら強化が良いとは限らないのが駆動系で迷いになるところなんですねっ☆

                                                                                                                                                                                            温泉   誤字多いと思います(笑)

                                                                                                                                                                                  読み直すのは2分、書くのは2.5時間もかかります。クタビレタニョロ

                                                                                                                                                                                  Q&A:その他について

                                                                                                                                                                                  0
                                                                                                                                                                                    Q:エンジン=ノーマル50 マフラー=アーリーレシング静音ステンレスチャンバーとsusエキゾーストパイプ キャブ=ノーマル パワフィル 235/30-12+キャストホイール プーリー=デイトナ WR=7x3+7.5x3 トルクカム センスプ 強化ロングベルト が使用のチョイスです。
                                                                                                                                                                                    症状は、※0発進は結構良いのですが
                                                                                                                                                                                        ?30キロからの加速が非常に悪い
                                                                                                                                                                                        ?最高速が伸びない
                                                                                                                                                                                    上記がチョイスと症状です。お得セットとスプリングスライダーを見当しています。またそれらの場合WRの目方はどれぐらいでしょう?


                                                                                                                                                                                    A:今回の質問で気になることは?マフラーの特性 ?12inキャストホイール ?ドリブン です。
                                                                                                                                                                                    ?について、ジャイロ用専用マフラーとエキパイだと思いますのでその特性は製作者さんがよく知っておられるはずです。ですので同じ質問をアーリーレシングさんに尋ねてみてください。
                                                                                                                                                                                    ?について、キャストの12inになると目方が非常に重いです。過剰な質量は回転のチカラに変わらず悪影響になります。
                                                                                                                                                                                    ?について、中間加速が悪い理由にトルクカムの変磨耗があります。トルクカムがしんぴんの場合はドリブン本体のガイドピン穴の変磨耗が悪影響を及ぼします。

                                                                                                                                                                                    先ず、重く外径が大きいホイールの場合回変速し難い方向ですので、変速を早める方向でWRを重くして変速のスピードを速めてみましょう。デイトナプーリは立ち上がり回転が高い方向です。これはミッション車で言い換えれば、”1速で引っ張る”と同じことです。前半30キロまで変速し難いってことです。後半回転は下がりスピードが上がらないのは変速しすぎでトルクバンドに入らずパワーバンドに導けないと考えます。つけておられるマフラーもホイールもホイールも私は装着の経験が有りませんのでこのような答えでしか書けませんが参考になればと回答しました。(汗

                                                                                                                                                                                    Q&A:その他について

                                                                                                                                                                                    0
                                                                                                                                                                                      Q:エンジン=ノーマル50 マフラー=アーリーレシング静音ステンレスチャンバーとsusエキゾーストパイプ キャブ=ノーマル パワフィル 235/30-12+キャストホイール プーリー=デイトナ WR=7x3+7.5x3 トルクカム センスプ 強化ロングベルト が使用のチョイスです。
                                                                                                                                                                                      症状は、※0発進は結構良いのですが
                                                                                                                                                                                          ?30キロからの加速が非常に悪い
                                                                                                                                                                                          ?最高速が伸びない
                                                                                                                                                                                      上記がチョイスと症状です。お得セットとスプリングスライダーを見当しています。またそれらの場合WRの目方はどれぐらいでしょう?


                                                                                                                                                                                      A:今回の質問で気になることは?マフラーの特性 ?12inキャストホイール ?ドリブン です。
                                                                                                                                                                                      ?について、ジャイロ用専用マフラーとエキパイだと思いますのでその特性は製作者さんがよく知っておられるはずです。ですので同じ質問をアーリーレシングさんに尋ねてみてください。
                                                                                                                                                                                      ?について、キャストの12inになると目方が非常に重いです。過剰な質量は回転のチカラに変わらず悪影響になります。
                                                                                                                                                                                      ?について、中間加速が悪い理由にトルクカムの変磨耗があります。トルクカムがしんぴんの場合はドリブン本体のガイドピン穴の変磨耗が悪影響を及ぼします。

                                                                                                                                                                                      先ず、重く外径が大きいホイールの場合回変速し難い方向ですので、変速を早める方向でWRを重くして変速のスピードを速めてみましょう。デイトナプーリは立ち上がり回転が高い方向です。これはミッション車で言い換えれば、”1速で引っ張る”と同じことです。前半30キロまで変速し難いってことです。後半回転は下がりスピードが上がらないのは変速しすぎでトルクバンドに入らずパワーバンドに導けないと考えます。つけておられるマフラーもホイールもホイールも私は装着の経験が有りませんのでこのような答えでしか書けませんが参考になればと回答しました。(汗

                                                                                                                                                                                      Q&A:その他について

                                                                                                                                                                                      0
                                                                                                                                                                                        Q:エンジン=ノーマル50 マフラー=アーリーレシング静音ステンレスチャンバーとsusエキゾーストパイプ キャブ=ノーマル パワフィル 235/30-12+キャストホイール プーリー=デイトナ WR=7x3+7.5x3 トルクカム センスプ 強化ロングベルト が使用のチョイスです。
                                                                                                                                                                                        症状は、※0発進は結構良いのですが
                                                                                                                                                                                            ?30キロからの加速が非常に悪い
                                                                                                                                                                                            ?最高速が伸びない
                                                                                                                                                                                        上記がチョイスと症状です。お得セットとスプリングスライダーを見当しています。またそれらの場合WRの目方はどれぐらいでしょう?


                                                                                                                                                                                        A:今回の質問で気になることは?マフラーの特性 ?12inキャストホイール ?ドリブン です。
                                                                                                                                                                                        ?について、ジャイロ用専用マフラーとエキパイだと思いますのでその特性は製作者さんがよく知っておられるはずです。ですので同じ質問をアーリーレシングさんに尋ねてみてください。
                                                                                                                                                                                        ?について、キャストの12inになると目方が非常に重いです。過剰な質量は回転のチカラに変わらず悪影響になります。
                                                                                                                                                                                        ?について、中間加速が悪い理由にトルクカムの変磨耗があります。トルクカムがしんぴんの場合はドリブン本体のガイドピン穴の変磨耗が悪影響を及ぼします。

                                                                                                                                                                                        先ず、重く外径が大きいホイールの場合回変速し難い方向ですので、変速を早める方向でWRを重くして変速のスピードを速めてみましょう。デイトナプーリは立ち上がり回転が高い方向です。これはミッション車で言い換えれば、”1速で引っ張る”と同じことです。前半30キロまで変速し難いってことです。後半回転は下がりスピードが上がらないのは変速しすぎでトルクバンドに入らずパワーバンドに導けないと考えます。つけておられるマフラーもホイールもホイールも私は装着の経験が有りませんのでこのような答えでしか書けませんが参考になればと回答しました。(汗

                                                                                                                                                                                        Q&A:その他について

                                                                                                                                                                                        0
                                                                                                                                                                                          Q:エンジン=ノーマル50 マフラー=アーリーレシング静音ステンレスチャンバーとsusエキゾーストパイプ キャブ=ノーマル パワフィル 235/30-12+キャストホイール プーリー=デイトナ WR=7x3+7.5x3 トルクカム センスプ 強化ロングベルト が使用のチョイスです。
                                                                                                                                                                                          症状は、※0発進は結構良いのですが
                                                                                                                                                                                              ?30キロからの加速が非常に悪い
                                                                                                                                                                                              ?最高速が伸びない
                                                                                                                                                                                          上記がチョイスと症状です。お得セットとスプリングスライダーを見当しています。またそれらの場合WRの目方はどれぐらいでしょう?


                                                                                                                                                                                          A:今回の質問で気になることは?マフラーの特性 ?12inキャストホイール ?ドリブン です。
                                                                                                                                                                                          ?について、ジャイロ用専用マフラーとエキパイだと思いますのでその特性は製作者さんがよく知っておられるはずです。ですので同じ質問をアーリーレシングさんに尋ねてみてください。
                                                                                                                                                                                          ?について、キャストの12inになると目方が非常に重いです。過剰な質量は回転のチカラに変わらず悪影響になります。
                                                                                                                                                                                          ?について、中間加速が悪い理由にトルクカムの変磨耗があります。トルクカムがしんぴんの場合はドリブン本体のガイドピン穴の変磨耗が悪影響を及ぼします。

                                                                                                                                                                                          先ず、重く外径が大きいホイールの場合回変速し難い方向ですので、変速を早める方向でWRを重くして変速のスピードを速めてみましょう。デイトナプーリは立ち上がり回転が高い方向です。これはミッション車で言い換えれば、”1速で引っ張る”と同じことです。前半30キロまで変速し難いってことです。後半回転は下がりスピードが上がらないのは変速しすぎでトルクバンドに入らずパワーバンドに導けないと考えます。つけておられるマフラーもホイールもホイールも私は装着の経験が有りませんのでこのような答えでしか書けませんが参考になればと回答しました。(汗

                                                                                                                                                                                          Q&A:MRFエキゾーストパイプ24Φについて

                                                                                                                                                                                          0
                                                                                                                                                                                            Q:ジャイロにマロッシを組んでいます。その車輌にMRFエキゾーストパイプ24Φを装着した時、SJとMJの変更は必要ですか?また何番見当が良いでしょう?

                                                                                                                                                                                            A:試作テストではマロッシ搭載車輌でノーマルEXパイと24ΦEXと単純にセッティングせずに比較しました。フィーリングの加速感、回転の上がり具合、最高速で確実に良い!と判断しました。ですので、ジェットに関しては”そのままでOK!だった”ということになります。経験上MJの変更でよくなる場合があるとおもいますが、その場合でも5番もあげると激変することがよくありますので変更しても2〜3番見当だとおもいます。MJの刻みは#0#2#5#8ステップですので微妙ですよねっ。今回の製品テストはこの車輌でしたので、他吸気系やCDI、圧縮の調整等チョイスやセッティングの変更で、更にMRFエキゾーストパイプ24Φの性能が引き出せる可能性も秘めています。
                                                                                                                                                                                            補足です。ジェットは、圧縮圧力、点火時期、キャブサイズ、エアクリのサイズや形状、マフラーの特性、エンジン負荷の状態などでも選択値がかわりますので、おおざっぱにしかお答えできないこともありますので参考として受け取ってください。

                                                                                                                                                                                            ピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピ

                                                                                                                                                                                            Q:MRFエキゾーストパイプ24Φの購入を考えています。コメントに感覚が狭い為工具のフィッティングが悪く・・・とありますがわかりません。
                                                                                                                                                                                            ネットで、エキパイが熱を持ちホースの熱対策と書いてありました。どう言ったことでしょう。以上回答ください。


                                                                                                                                                                                            A:工具のフィッティングは
                                                                                                                                                                                                  
                                                                                                                                                                                            24Φの場合は画像のように、オフセットレンチがぴったり嵌まりナットにトルクをかけられますが、ワンサイズ太い場合はスパナしか嵌まらずかいてんもほんの少しでトルクも掛からず締め付け時間も多く掛かりました。
                                                                                                                                                                                            また、太すぎるせいか?エンジンのトルクも低い感じでした。

                                                                                                                                                                                            ホースに関してですが、多分この事かな?と思います。というのは、エキパイとオイルパスホースのたるみによりクリアランスが少ない場合があります。対策はホースクランプの位置で隙間が多くなるように引っ張り固定し直します。またはこんな方法もあります。次の画像を参考してください。

                                                                                                                                                                                                 

                                                                                                                                                                                            放熱の良い銅パイプ10Φや真鍮パイプ10Φで保護する方法です。

                                                                                                                                                                                            このエキゾーストパイプ24Φのジョイント側のフランジは6ミリ厚で形は純正とほぼ同サイズですので曲がらずまた止めやすい様に設計しています。

                                                                                                                                                                                                 

                                                                                                                                                                                            是非ご検討くださいねっ☆   


                                                                                                                                                                                            Q&A:MRFエキゾーストパイプ24Φについて

                                                                                                                                                                                            0
                                                                                                                                                                                              Q:ジャイロにマロッシを組んでいます。その車輌にMRFエキゾーストパイプ24Φを装着した時、SJとMJの変更は必要ですか?また何番見当が良いでしょう?

                                                                                                                                                                                              A:試作テストではマロッシ搭載車輌でノーマルEXパイと24ΦEXと単純にセッティングせずに比較しました。フィーリングの加速感、回転の上がり具合、最高速で確実に良い!と判断しました。ですので、ジェットに関しては”そのままでOK!だった”ということになります。経験上MJの変更でよくなる場合があるとおもいますが、その場合でも5番もあげると激変することがよくありますので変更しても2〜3番見当だとおもいます。MJの刻みは#0#2#5#8ステップですので微妙ですよねっ。今回の製品テストはこの車輌でしたので、他吸気系やCDI、圧縮の調整等チョイスやセッティングの変更で、更にMRFエキゾーストパイプ24Φの性能が引き出せる可能性も秘めています。
                                                                                                                                                                                              補足です。ジェットは、圧縮圧力、点火時期、キャブサイズ、エアクリのサイズや形状、マフラーの特性、エンジン負荷の状態などでも選択値がかわりますので、おおざっぱにしかお答えできないこともありますので参考として受け取ってください。

                                                                                                                                                                                              ピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピ

                                                                                                                                                                                              Q:MRFエキゾーストパイプ24Φの購入を考えています。コメントに感覚が狭い為工具のフィッティングが悪く・・・とありますがわかりません。
                                                                                                                                                                                              ネットで、エキパイが熱を持ちホースの熱対策と書いてありました。どう言ったことでしょう。以上回答ください。


                                                                                                                                                                                              A:工具のフィッティングは
                                                                                                                                                                                                    
                                                                                                                                                                                              24Φの場合は画像のように、オフセットレンチがぴったり嵌まりナットにトルクをかけられますが、ワンサイズ太い場合はスパナしか嵌まらずかいてんもほんの少しでトルクも掛からず締め付け時間も多く掛かりました。
                                                                                                                                                                                              また、太すぎるせいか?エンジンのトルクも低い感じでした。

                                                                                                                                                                                              ホースに関してですが、多分この事かな?と思います。というのは、エキパイとオイルパスホースのたるみによりクリアランスが少ない場合があります。対策はホースクランプの位置で隙間が多くなるように引っ張り固定し直します。またはこんな方法もあります。次の画像を参考してください。

                                                                                                                                                                                                   

                                                                                                                                                                                              放熱の良い銅パイプ10Φや真鍮パイプ10Φで保護する方法です。

                                                                                                                                                                                              このエキゾーストパイプ24Φのジョイント側のフランジは6ミリ厚で形は純正とほぼ同サイズですので曲がらずまた止めやすい様に設計しています。

                                                                                                                                                                                                   

                                                                                                                                                                                              是非ご検討くださいねっ☆   


                                                                                                                                                                                              Q&A:MRFエキゾーストパイプ24Φについて

                                                                                                                                                                                              0
                                                                                                                                                                                                Q:ジャイロにマロッシを組んでいます。その車輌にMRFエキゾーストパイプ24Φを装着した時、SJとMJの変更は必要ですか?また何番見当が良いでしょう?

                                                                                                                                                                                                A:試作テストではマロッシ搭載車輌でノーマルEXパイと24ΦEXと単純にセッティングせずに比較しました。フィーリングの加速感、回転の上がり具合、最高速で確実に良い!と判断しました。ですので、ジェットに関しては”そのままでOK!だった”ということになります。経験上MJの変更でよくなる場合があるとおもいますが、その場合でも5番もあげると激変することがよくありますので変更しても2〜3番見当だとおもいます。MJの刻みは#0#2#5#8ステップですので微妙ですよねっ。今回の製品テストはこの車輌でしたので、他吸気系やCDI、圧縮の調整等チョイスやセッティングの変更で、更にMRFエキゾーストパイプ24Φの性能が引き出せる可能性も秘めています。
                                                                                                                                                                                                補足です。ジェットは、圧縮圧力、点火時期、キャブサイズ、エアクリのサイズや形状、マフラーの特性、エンジン負荷の状態などでも選択値がかわりますので、おおざっぱにしかお答えできないこともありますので参考として受け取ってください。

                                                                                                                                                                                                ピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピ

                                                                                                                                                                                                Q:MRFエキゾーストパイプ24Φの購入を考えています。コメントに感覚が狭い為工具のフィッティングが悪く・・・とありますがわかりません。
                                                                                                                                                                                                ネットで、エキパイが熱を持ちホースの熱対策と書いてありました。どう言ったことでしょう。以上回答ください。


                                                                                                                                                                                                A:工具のフィッティングは
                                                                                                                                                                                                      
                                                                                                                                                                                                24Φの場合は画像のように、オフセットレンチがぴったり嵌まりナットにトルクをかけられますが、ワンサイズ太い場合はスパナしか嵌まらずかいてんもほんの少しでトルクも掛からず締め付け時間も多く掛かりました。
                                                                                                                                                                                                また、太すぎるせいか?エンジンのトルクも低い感じでした。

                                                                                                                                                                                                ホースに関してですが、多分この事かな?と思います。というのは、エキパイとオイルパスホースのたるみによりクリアランスが少ない場合があります。対策はホースクランプの位置で隙間が多くなるように引っ張り固定し直します。またはこんな方法もあります。次の画像を参考してください。

                                                                                                                                                                                                     

                                                                                                                                                                                                放熱の良い銅パイプ10Φや真鍮パイプ10Φで保護する方法です。

                                                                                                                                                                                                このエキゾーストパイプ24Φのジョイント側のフランジは6ミリ厚で形は純正とほぼ同サイズですので曲がらずまた止めやすい様に設計しています。

                                                                                                                                                                                                     

                                                                                                                                                                                                是非ご検討くださいねっ☆   


                                                                                                                                                                                                Q&A:MRFエキゾーストパイプ24Φについて

                                                                                                                                                                                                0
                                                                                                                                                                                                  Q:ジャイロにマロッシを組んでいます。その車輌にMRFエキゾーストパイプ24Φを装着した時、SJとMJの変更は必要ですか?また何番見当が良いでしょう?

                                                                                                                                                                                                  A:試作テストではマロッシ搭載車輌でノーマルEXパイと24ΦEXと単純にセッティングせずに比較しました。フィーリングの加速感、回転の上がり具合、最高速で確実に良い!と判断しました。ですので、ジェットに関しては”そのままでOK!だった”ということになります。経験上MJの変更でよくなる場合があるとおもいますが、その場合でも5番もあげると激変することがよくありますので変更しても2〜3番見当だとおもいます。MJの刻みは#0#2#5#8ステップですので微妙ですよねっ。今回の製品テストはこの車輌でしたので、他吸気系やCDI、圧縮の調整等チョイスやセッティングの変更で、更にMRFエキゾーストパイプ24Φの性能が引き出せる可能性も秘めています。
                                                                                                                                                                                                  補足です。ジェットは、圧縮圧力、点火時期、キャブサイズ、エアクリのサイズや形状、マフラーの特性、エンジン負荷の状態などでも選択値がかわりますので、おおざっぱにしかお答えできないこともありますので参考として受け取ってください。

                                                                                                                                                                                                  ピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピ

                                                                                                                                                                                                  Q:MRFエキゾーストパイプ24Φの購入を考えています。コメントに感覚が狭い為工具のフィッティングが悪く・・・とありますがわかりません。
                                                                                                                                                                                                  ネットで、エキパイが熱を持ちホースの熱対策と書いてありました。どう言ったことでしょう。以上回答ください。


                                                                                                                                                                                                  A:工具のフィッティングは
                                                                                                                                                                                                        
                                                                                                                                                                                                  24Φの場合は画像のように、オフセットレンチがぴったり嵌まりナットにトルクをかけられますが、ワンサイズ太い場合はスパナしか嵌まらずかいてんもほんの少しでトルクも掛からず締め付け時間も多く掛かりました。
                                                                                                                                                                                                  また、太すぎるせいか?エンジンのトルクも低い感じでした。

                                                                                                                                                                                                  ホースに関してですが、多分この事かな?と思います。というのは、エキパイとオイルパスホースのたるみによりクリアランスが少ない場合があります。対策はホースクランプの位置で隙間が多くなるように引っ張り固定し直します。またはこんな方法もあります。次の画像を参考してください。

                                                                                                                                                                                                       

                                                                                                                                                                                                  放熱の良い銅パイプ10Φや真鍮パイプ10Φで保護する方法です。

                                                                                                                                                                                                  このエキゾーストパイプ24Φのジョイント側のフランジは6ミリ厚で形は純正とほぼ同サイズですので曲がらずまた止めやすい様に設計しています。

                                                                                                                                                                                                       

                                                                                                                                                                                                  是非ご検討くださいねっ☆   



                                                                                                                                                                                                  ショップを見る

                                                                                                                                                                                                  search this site.

                                                                                                                                                                                                  calendar

                                                                                                                                                                                                  S M T W T F S
                                                                                                                                                                                                        1
                                                                                                                                                                                                  2345678
                                                                                                                                                                                                  9101112131415
                                                                                                                                                                                                  16171819202122
                                                                                                                                                                                                  23242526272829
                                                                                                                                                                                                  30      
                                                                                                                                                                                                  << April 2017 >>

                                                                                                                                                                                                  selected entries

                                                                                                                                                                                                  categories

                                                                                                                                                                                                  archives

                                                                                                                                                                                                  recent comment

                                                                                                                                                                                                  links

                                                                                                                                                                                                  profile

                                                                                                                                                                                                  others

                                                                                                                                                                                                  mobile

                                                                                                                                                                                                  qrcode

                                                                                                                                                                                                  powered

                                                                                                                                                                                                  無料ブログ作成サービス JUGEM